窓清掃中に転落し死亡 命綱つけずに作業 大阪

 25日午前8時50分ごろ、大阪市東住吉区の大阪芸術大で、短期大学部校舎3階の窓(高さ約9メートル)をゴンドラに乗って清掃していた清掃会社社員、川真田克己さん(57)が転落、全身を打ち間もなく死亡した。

 東住吉署によると、川真田さんは4階建て校舎の屋上からつり下げたブランコ型のゴンドラに座って1人で作業。ヘルメットはかぶらず、命綱もつけていなかった。

 3階の外開きの窓がわずかに開き、ゴンドラが引っ掛かっていた。東住吉署は詳しい状況を調べている。

(以上、産経新聞 より)


我が身を守るのは、自分だけ


 如何なるいきさつでこの方が保護帽も安全帯もせずにゴンドラ作業されていたのかは分からない。理解できない。

 付与されなかったのだろうか?それは有り得ない。

 ならば敢えて着用しなかった可能性は高い。

 
 死者に鞭打つようだが、作業員一人死んだ事で会社や客先に掛ける迷惑は考えて居なかったのだろう。

 そこまで考えずとも、やはり死にたくはなかったろうに、これではまさに自殺行為だ。

 別に珍しい事ではない。建築現場には斯様な御方が大勢居られる。自分を過信し、安全教育を頭からナメてかかっている方々が。

 そして大抵それで大怪我をされたり、死んだりなされる。いい迷惑である。
 
 
 普通は作業から外され、最悪の場合は会社ぐるみ出入り禁止になったりするが、今回のような建築現場でなく、一人作業ともなると過信はパワーアップし、注意する者も居ないとなれば好き放題になるのだろう。

 大変迷惑な話だ。ハッキリ言おう。

 作業現場は阿呆の為の慈善事業ではない。「決まり一つ守る気のない阿呆は現場に来るな」 と言おう。

 この頭の悪さは、必ずしも学歴ではないので念の為。


 アホの作業員は失業して下さい。あなた方のせいで、建築現場は阿呆の固まりみたいに思われるんだ!。

 だから俺は、今回亡くなった方が自ら装備をしなかったのならば、決して同情しない。

 その辺の所は記事には出ていないが、検証ではハッキリしているのだろう。

 
 結局我が身を守るのは自分だけなのだ。

 安全教育で、たった60センチの脚立から転倒して十数本の鉄筋に刺し貫かれたまま絶命している様を写真で見せられたら、多分意識も変わるはずだ。




投稿者: ぐっちゃん

[編集長-つぶやき]

 足元、よし!手元、よし!保護具、よし!

 本日も、ご安全に!



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments