山城新伍さん、悲し遺言「2人には伝えるな」

 映画俳優からスタートし、バラエティー番組の司会でも活躍した俳優、山城新伍(やましろ・しんご、本名=渡辺安治=わたなべ・やすじ)さんが12日午後3時16分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため、東京・町田市の特別養護老人ホームで亡くなったことが14日、分かった。70歳だった。この日横浜市内の斎場で行われた密葬に、元妻で女優、花園ひろみ(68)と長女の女優、南夕花(42)は参列せず。3人の元家族は絶縁状態にあったといい、山城さんは、ある“遺言”を残していた。

 4年前から糖尿病をわずらっていた山城さんの容体が急変したのは今月10日。連絡を受けた弟の渡辺鎮雄さん(69)はすぐにでも駆け付けたかったが、地震と台風の影響で新幹線のダイヤが乱れ、京都の自宅から町田の老人ホームに到着したのは12日午前11時ごろだった。

 ベッドに横たわる山城さんは酸素呼吸器をつけ、話ができない状態。はじめは呼びかけに反応していたが、徐々に反応もなくなり、「手を握ったら冷たくなっていた」という。兄と弟、2人きりの別れとなった。

 関係者によると、山城さんは、元妻と娘への訃報の知らせを拒んでいたといい、「2人には伝えるな」との“遺言”を残していた。

 糖尿病で車イスの生活を余儀なくされていた山城さんは昨年6月ごろ、町田市の特養老人ホームに入所。同年秋、「週刊文春」の取材に「面会には昔のマネジャーと弟がふた月にいっぺんぐらい来るけどね。そうじゃないと寂しいじゃない」「ここが終の棲家」などと語った。この記事が掲載された後も、花園と南が見舞いに訪れることはなく、山城さんはそのことを恨んでいたという。

 それもこれも家族の複雑な歴史ゆえか。66年、東映の同期だった花園と結婚。助手席に花園を乗せた車を湖に突っ込み、「結婚してくれないとこのまま死ぬ」とプロポーズして手に入れた妻だったが、山城さんの浮気が原因で85年に離婚した。

 その後、山城さんは「復縁したい」「今でも愛している」と花園にラブコールを送り91年に再婚したものの、99年に再び離婚。当時、娘の南は山城さんの言動に不信をあらわにし、「父と呼びたくない」などと決別を宣言、父親の戸籍から自分の籍を抜いたことを明らかにした。

 「あんなに言いたいことを言いながら、よう渡り歩いてきたな。豪快な面と繊細な面を兼ね備えていました」と兄の性分を言い表した鎮雄さん。

 結局、父娘関係も、元夫婦の関係も修復することはなかった。山城さんは、「週刊文春」にこんな一言ももらしている。「娘には会いたいけれどね…」。昭和のスターと呼ばれた男の願いは、かなわなかった。


(以上、サンケイスポーツ より)



気まずい別れ


 彼が、生前家族に如何な仕打ちをしたかは知らない。

 多分に彼に非があったのだろう。が、我々と違い元の家族は何かしら情報は伝わっていたはず。

 臨終を看取れないのは別として、葬儀にも参加しないのは人としての情を疑う。

 
 いまさら、取り返しは付かない。

 非情な妻と娘との噂を建てられて、反駁は出来ても納得はさせられまい。

 野辺の送りぐらいは、してやればよかったのだ.

 死ねば仏、という考えを強制は出来ないが、この二人にそう言う考え方はないのだろう。

 悲しい奴らだ。





投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 山城新伍・・・

 俳優という面よりも、やっぱりバラエティのほうが、イメージあるなぁ。

 なんか、せんだみつお との絡みばっかりのイメージがある。


 映画といえば、UHF局の平日昼の映画劇場の枠(たしか、奥様映画劇場だとかそんなので)で、不良番町シリーズ(梅宮辰男・主演)のムチャクチャでエロバカな役どころに爆笑したのを思い出した。

 ギャング組織からヘロインを盗み出したら、爆弾でやられて、粉が撒き散らされて、全員でラリってしまうとか、そんな役ばっかりいの印象がある。(笑)


 ご冥福を祈ります。



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

1 Comments

tanoken

ご愁傷様です
ご冥福を祈ります(-_-)

  • 2009/08/23 (Sun) 12:03