月山 (山形県鶴岡市羽黒町) 撤退

「月山」 芭蕉も登った、羽黒山口から登ってきました。 


 でも、仏生池小屋付近で撤収を余儀なくされました。

 濃いガスと小雨、さらに、登るほどに強くなる風、突風、烈風、台風並みの風。。。

 飛ばされなにように這うようにして登りましたね。やれやれ!(笑) 


 登山者の多くは登頂をあきらめ、弥陀ヶ原湿原を散策していました。





白装束の登山者

月山参りの白装束の登山者


 月山 は 「行の山」 「浄めの山」 でもある。

 月山に参詣する白装束の登山者は、年間数万人といわれている。。。。。





弥陀ヶ原の湿原

月山8合目の弥陀ヶ原の湿原


 ガスと小雨で何も見えませんでした。

 広大な湿原の向こうには、霊峰 鳥海山 が望めるはずだったのですが。。。。





月山のお花畑 看板

月山8合目 弥陀ヶ原の湿原 「月山の お花畑」 の看板


 ここを散策して終わりにしようかとも思いましたが、まあ、行ける所まで行ってみようと、登山開始。

 登るほどに強くなる風と雨で、レインウェアを着てても寒くなってきました。 

 思わず厚手のフリースを着こんで、厚手のトレッキング・グローブをして、這うようにして登りましたね。(笑)





一の岳(1679メートル)付近の雪渓

一の岳(1679メートル)付近の雪渓

 
 ロープが張ってあるので、ガスってても迷うことはない。

 芭蕉『奥の細道』 に記した 「雲霧山気の中に、氷雪を踏みて登ること八里...」 とは、このあたりのことだと思う。





月山八合目 弥陀ヶ原小屋

月山八合目 登山者で賑わう弥陀ヶ原小屋


 ここには、参籠所(さんさんろうしょ-おこもりどころ)があり、山岳信仰の色濃い山小屋である。

 登山者の多くは、登頂をあきらめ弥陀ヶ原をゆっくりと散策していた。







投稿者: 霧島

今回の記事関連商品も要チェックだべ! ↓ アマゾン ↓ で買おう ↓




関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

1 Comments

霧島

この日、北日本は強風が吹き荒れていた

月山から帰って来て、ニュースを見てビックリ!!

北海道大雪山系トムラウシ山での大量遭難事故!!
初対面同士でのツアー登山なんて、考えられないべ!!

登山は、1人~2人、まあ、3人までだろう!(爆)

http://www.youtube.com/watch?v=J7RiharvlI8&hl=ja

  • 2009/07/31 (Fri) 07:52
  • EDIT