電車内痴漢で懲役1年4月を逆転、無罪判決…東京高裁

 電車内で女子高生に痴漢をしたとして、強制わいせつ罪に問われたアルバイト花田泰被告(23)(東京都立川市)の控訴審判決が11日、東京高裁であった。

 阿部文洋裁判長は、懲役1年4月(求刑・懲役2年)の実刑とした1審・東京地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 花田被告は2007年2月5日朝、西武新宿線鷺ノ宮駅―高田馬場駅間を走行中の車内で、前に立っていた当時17歳の女子高生のスカート内に手を入れたなどとして、逮捕・起訴された。

 花田被告は一貫して犯行を否認したが、昨年3月の1審判決は、「被害の直後に、被告の手をつかんだ」とする女子高生の供述は信用できるとして、有罪を言い渡した。

 これに対し高裁判決は、女子高生が、手を入れられたことを目で確認していないことなどから、被告が犯人だとは断定できないとした。

(以上、読売新聞 より)


これでまた、真の犯罪者が一人逃げ、疑われた者は一部に疑惑を持たれて余生を過ごす。


 それだけの事に、多くの国費が使われた。


 面倒臭い事が嫌いな奴は、警察を辞めい!検察を辞めい!

 
 で、なんでこの男性だけが実名で報道されなきゃイカンのか?

 間違えたとはいえ一生を棒に振らせたのだから、一度ぐらいは未成年だろうが名前出して世間から叩かれれば良いと思うよ、相手も。ある意味加害者なんだから。


 関係者全員、首から 「私は無実の人を痴漢扱いしました」 て、札ぶら下げて駅前に一週間ぐらい立ってりゃいいんだ。

 酷い?

 人を酷い目に遭わせりゃ間違いでもペナルティはあるんだよ。

 本人がイヤなら両親が立ちなよ。

 プライド?人権?


 お前ら、他人のプライドと人権ズタズタにしたんだよ!

 少しぐらいは傷付けよ!


 死ねとまでは言わないからさ。



 百パーセント無実でも、世間は無実と思わない人が数パーセント残る。これが冤罪のコワイ所。




投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとりごと]

 僕が学生の頃、通学途中の満員の地下鉄車内で毎朝のように 「痴女」 に狙われて、股間を弄ばされた。

 あまりの恐怖に、駅員に相談したら、「気持ちよかったんだから、いいんじゃないの?うらやましいよ~、この~っ」 と、相手にもしてくれなかった。

 その後、通学の時間をずらしても、何度も狙われたので、仕方なくスクーターで通学するようにした(泣)



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

2 Comments

be-free

職務上の失態なんだから確かに何かしらの謝罪があってしかるべき。

  • 2009/06/25 (Thu) 22:05
tanoken

痴漢の判決に関しては賛否両論があるのでコメントは難しいです。
恐らく今後も何年もこのような問題はあるでしょうね。
もしも、僕が女性に生まれ変わって「痴漢」をされたら…
こんな冷静なコメントはできないだろうな

  • 2009/06/27 (Sat) 13:20