広島少年院 地検が法務教官4人逮捕…収容少年暴行の疑い

 東広島市の広島少年院(佐藤公昭院長)で教官が収容少年に暴行を繰り返していたとして、広島地検は9日、特別公務員暴行陵虐容疑で法務教官4人を逮捕した。法務省広島矯正管区が同日、地検に告発した。地検によると、同容疑で少年院の教官が逮捕されるのは初めて。地検は、他の教官数人からも参考人として事情を聴く。

 逮捕されたのは、松本大輔(29)▽菅原陽(あきら)(26)▽田原克剛(かつのり)(43)▽野畑勝也(32)の4容疑者。

 容疑は、松本容疑者は08年11月23日ごろ、雑居寮の浴室で少年(当時17歳)に紙オムツをはかせ、その姿を他の在院者に見せた▽菅原容疑者は同12月7日ごろ、寮で少年(同)をトイレに行かせず失禁させた▽田原容疑者は同3月1日ごろ、寮で「これを飲んで死ね」と少年(当時16歳)の口に洗剤の容器を押し付けた▽野畑容疑者は09年3月16日ごろ、体育館物置で少年(当時17歳)の腹などを殴り転倒させ、首を両手で絞めた--としている。4人とも容疑を認めているという。被害少年はすべて別人。

 同管区の中間報告では、08年度だけで収容少年約100人中約50人が約100件の暴行を受け、そのほとんどにこの4人が関与していたと説明していた。地検は今後、暴行がいつごろから行われていたかなどを追及する。

(以上、 毎日新聞 より)


これは重罪だ!


 しかし、逮捕は初めてだろうが、こんな虐待は何処の少年院でも刑務所でも昔から行われていて、今日も何処かで行われていると想像して難くない。

 
 組織の大きさを自分の偉さと勘違いしている奴は、世間にも大勢居る。

 それが、かまぼこ屋の宣伝課長だったり昆布屋の営業部長であっても、我々にそうは迷惑はかからない。

 しかし、看守が自分のさじ加減で私刑を下されたのでは、更正出来る者まで更正出来ないし、「こいつらに更正なぞ無理」 と、思うならなぜいっそ全員を殺して、自分も死なないか?と思う。

 要するに私憤を囚人で晴らしているだけなのだ。

 
 こういう奴は逆に解職させてはいけない。

 一ヶ月ぐらい別の管区で素性を隠して懲役につかせれば、多分数日で音を上げるに違いない。

 その後、職場に復帰させるのだ。

 それこそが更正だと思うのだが...役人根性が災いして、殺されるかも知れないな。




投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 鉄拳制裁とか矯正・更正とか、そういうもんじゃなくて、いじめ、うさ晴らしの類ですね。

 この逮捕された4人が、この後、刑務所に服役ということになれば、塀の中ではどうなるんだろうか....



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

1 Comments

あん

事件の背景には、4年前にあの少年院に導入された教育体制、プログラムにあります。欧米の最新プログラムというふれこみで、中身は異常な行動規制を行ったり、グランドを何百周も走らせたり・・・。都合のいいデータだけを取り上げて再犯率0パーセントと言うまやかしを社会に吹聴したりもしていました。それは、その時転勤してきたある幹部の仕業です。
このような教育体制、プログラムを称賛し、マスコミに紹介した外国かぶれのジャーナリストもいました。そのジャーナリストは暴行、虐待が行われていたはずの昨年の広島少年院の少年の顔つきを見て「やはり外国のプログラムを導入している施設の少年の顔つきは生き生きしている。」と感激したそうです。何が生き生きしているものですか!「教育」ジャーナリストのレベルはそんなものです。

この事件は、異常なプログラムが導入されたことをきっかけに、だんだん指導がエスカレートしていったことが背景にあります。また、そのエスカレートは、外国かぶれジャーナリストの安直な称賛によって強化されたとも言えます。

この事件で、どれだけの職員が傷つき、日々真面目に勤務している多くの職員がどれだけ迷惑しているか!
刑事責任はないにせよ、その背景を作った人物の道義的責任は重いと考えます。

  • 2009/07/20 (Mon) 20:50