小栗旬が映画監督、今夏にもクランクイン

 俳優小栗旬(26)が映画監督に初挑戦することが2日、分かった。監督業に取り組む俳優は多いが、20代で全国公開規模の映画を手掛ける例はない。

 来年にも公開の予定で、映画の正式名は不明だが、関係者の間で「SURELY SOMEDAY(シュアリー・サムデイ)」と呼ばれている。 小栗が俳優としては史上最年少で映画監督デビューする。

 所属事務所は映画製作会社で、社長は映画「太陽を盗んだ男」「クローズZERO」などのプロデューサー山本又一朗氏。父哲家(てつや)氏はボローニャ国立歌劇場などの日本公演を手掛ける舞台監督と、裏方に撤する映画、舞台制作のプロフェッショナルと身近に接してきたことも、監督進出のきっかけのようだ。

 米ハリウッドでは、クリント・イーストウッド、ショーン・ペンら、監督業でも成功する俳優は多い。国内では、北野武でも初監督は42歳で、20代俳優による大手配給会社の作品は例がない。関係者の間で「SURELY SOMEDAY」と呼ばれる同映画について、配給会社とみられる松竹は「その題名の脚本の映画化は進めています。ただ、監督の件はお話しできません」と答えた。小栗監督デビューは極秘プロジェクトとして進行している。


(以上、日刊スポーツ より)



名優必ずしも名監督でない、逆もまた真なり


 映画や演劇はある意味感性を問われるから年令は関係ない、と俺は思う。

 下積みを何年やらないと監督になれない、なんてのは組織としてはアリだろうが作品のクオリティには何の関係もない。ましてや俺たち観客には。

 そういう慣習に磨り減らされた才能も、かなり居たのだろうと想像できる。

 
 今は、比較的簡単に映像作品は作れる環境になってきた。

 小栗 旬 が監督をするのもアリだし、見てみたいとも思う。

 つまらなければ、また作ればいい。

 
 人生経験が多ければ良い物が撮れるとは、限らない。だが、少ないのは圧倒的に不利だ。

 しかし、そこは感性で乗り越えて欲しい。

 良いか悪いかは、見てから言いたい。


 期待しよう。オグリは固いよ !




投稿者: ぐっちゃん

[編集長-つぶやき]

 オグリは固いよ?・・・

 そりゃ、女の子が喜ぶよ。って、違うか=

 名馬 オグリキャップ で、儲けさしてもらったことがあるけれど、ほんま鉄板やったわ(笑)

 もう、ギャンブルは、一切やってません。パチンコも辞めました。マジメなもんです。



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

0 Comments