反省の色なし!前時津風親方に懲役6年

 大相撲時津風部屋の序ノ口力士、時太山(ときたいざん、当時17、本名・斉藤俊=たかし=さん)の暴行死事件で、傷害致死罪に問われた前時津風親方の山本順一被告(59)の判決公判が29日、名古屋地裁で行われた。芦沢政治裁判長は「自ら率先して暴行に及ぶのは言語道断。刑事責任も非常に重い」として、懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。現役親方(事件同時)が実刑判決を受けたのは初めて。弁護側は即日控訴し、徹底して争う姿勢を示した。

 芦沢裁判長から「懲役6年」の実刑判決を言い渡された瞬間、山本被告はみけんにしわを寄せて顔を紅潮させた。約70分間に及んだ判決理由の朗読中は目を閉じて微動だにせず、終了後は遺族がいる傍聴席に一礼。しかし、視線を合わせることはなく、涼しい顔で弁護団と退廷した。含み笑いにも似た表情に、罪の意識は感じられなかった。


(以上、 スポーツニッポン より)



困るのはデブの手踊り協会


 六年の実刑は軽すぎる、出所後は私刑が宜しかろう。

 が、困っているのは相撲協会だろう。

 六年で元気に出て来られては 「相撲のダークサイド」 を、軽々しく喋られる恐れがある。

 絶縁した手前クギも刺せない。

 獄死を一番願っているのは両国のデブどもだろう。

 
 いずれにしても寛刑で済ませた山本に未来はない。

 斎藤くんの御両親に仇を討たせてあげてもいいな。


 トラックの荷崩れに巻き込まれて、ビール瓶で全身打撲で死ねば、ビックリニュースになりまっせ!




投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 時津風部屋といえば、金属バットとビール瓶ですからねぇ~
 

時津風部屋と金属バットとビール瓶
事件当時の新聞記事


 ついでに、トラックに金属バットも積んどいてもらわないと...



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

0 Comments