<法務省>刑務所出所者にGPS装着 再犯防止へ可否検討

 刑務所出所者の再犯防止に向け、法務省は、出所者にGPS(全地球測位システム)発信装置を装着させる可否を検討する方針を固めた。
 
 中でも、子供への性犯罪の再犯が治安を脅かすとの考えから、性犯罪者への導入を検討する。

 GPSは、人工衛星から発射される電波を観測点で受信し、位置を測定するシステム。機能を搭載した携帯電話もある。対象は、刑務所からの仮出所者や執行猶予による保護観察対象者を想定。同様の位置情報確認制度は、欧米のほか韓国でも導入しており、こういった先発国での導入の経緯や対象者、運用状況などを2年程度かけて研究する。

 導入すれば、行方が分からなくなりがちな保護観察対象者の動向が把握しやすくなるほか、子供の安全に対する地域の不安感をなくすとの見方がある。その一方で、人権上の理由から反対論も浮上している。

 奈良県の小1女児誘拐殺害事件(04年11月)では、過去に女児を狙った性犯罪で2度の有罪判決を受け、服役後の男が事件を起こした。事件後の05年6月、法務省は13歳未満に対する性犯罪受刑者の出所予定日や出所後の居住地といった情報の警察への提供を始めている。


(以上、 毎日新聞より)


もう、持っている!


 国民総背番号制ハンタイ、GPSハンターイ!なんて言ってますが、今や我々の殆どは自ら進んで、「11桁の番号」 と 「所在追尾可能な発信器」 を持って居ますよね。

 GPS、全員には不必要だと思う。反対です。

 しかし、性犯罪や無差別快楽殺人者に付ける事には大賛成です。

 だって、現に再犯率が高いんですから。


 社会が冷たければ再犯してしまうなんて、理屈は通りません。

 上記の奴等なんて、本当なら一生社会に出てきて欲しくないと思われてるんですから。

 死ぬまで二度としなければ良いだけの話で、不公平でも何でもありません。




投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 >社会が冷たければ再犯してしまう

 
 これは、窃盗とか傷害とかなら考えられます。

 刑務所から出所した者を理解して雇用するところは、少ないし、そんなところがあっても給料は少ない。

 それで、生活が困窮して窃盗再犯というループ。


 でも、性犯罪とかは、やりたいからヤル!というものです。

 幼女を犯したい。嫌がる女をレイプしたい。妊婦を犯したい・・・

 こういう人達は、ムショの中でも出所してからのレイプの計画を練っていたりするらしいのです。

 だから、GPSを体内に埋め込んでも、OK!



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

0 Comments