労咳(ろうがい)

「死に至る病」 で無くなった分、無関心が結構感染を拡げているらしい。


 労咳と聞くと 「貧困」 とか 「病弱」 とかの言葉が浮かぶが、結核に感染する我々は普通に生活しているつもりで、実は普通じゃないんだなあと考えさせられる。


 不規則な生活、偏った食生活、酒、タバコ・・・

 そりゃ肺結核の菌が入ったら、いつ発症してもおかしくない。


 女性漫才師が肺結核に感染したと騒いでいるが、それを言ったら俺たち 「一般人」 に隠れ結核が何人居るんだ?

 と考えればもっと怖い。

 劇場も、映画館も、レストランも、喫茶店も、何処にも行けやしない。電車にも乗れない。

 
 ツベルクリン反応って、小学生の頃は接種されたけど、大人でも有効なんだろか?

 でも、BCGは痛いな。




投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 数年前、ウチの馬鹿彼女が夏風邪を引いた時、けっこう、症状が重たくて肺炎を起こしかけた。

 病院でレントゲンを撮るハメになったんだけれど、その時に医者から 「古い結核の痕が有る」と言われた。

 思い当たる節といえば、その数年前に母親も病院で 「古い結核の痕が有る」 と、言われていたそうだ。


 う~ん。家庭内感染だったわけだ。症状が出てないだけで、いわゆる 「キャリア」 だったんだなぁ。

 僕もヤバイかなぁと思ったけれど、健康診断では何事も無かった。(ホッ.)



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

2 Comments

ぐっちゃん

昔の同僚も

いわゆる『隠れ結核』でした、。案外多いのかも。

かくいう私も元肺病病みです、肺結核イコール痩せてて青白くて陰気でなーんて全然違います、見た目じゃ分かりません。

  • 2009/05/07 (Thu) 13:49
霧島

結核

昔は、不治の病!!

結核というと、新撰組の沖田総司とか、正岡子規、

石川啄木を思い出すなー・・・・

子規も啄木も、なぜか鳥の名前なんだよなー。。。(爆)

  • 2009/05/07 (Thu) 20:55
  • EDIT