茶色の犬が本当は…?業者による「毛染め」の残酷―中国

中国で犬の毛染めが問題になっている。

 染められた犬は購入後1週間で死んでしまう「星期狗(ウィークリードッグ)」となるケースも少なくない。大量の薬液を浴びて瀕死の状態になった犬たちは、売りに出される時だけ痛み止めが与えられ、元気を取り戻す。京華時報が伝えた。

 北京市郊外の通州区に住む張(ジャン)さんは3月末、ペット市場で見かけた茶色のポメラニアンを2000元(約2万9000円)で買った。だが、洗う度に色落ちし、最近ではすっかり違う色に。元気に飛び跳ねていたのも最初だけだった。張さんは業者に抗議しようとしたが、もうどこかに行ってしまっていた。

 「普通なら700元(約1万円)の白い犬が、茶色に染めれば1500元(約2万2000円)の価値になる」と言うのは、魏(ウェイ)と名乗るペット業者。「仕事場」には今まさに茶色に染められようとしているグレーのトイプードルがいた。犬は最初は激しく抵抗したが、そのうち息も絶え絶えの状態に。業者は「完成」すると「テディベアみたいで可愛いでしょ?」と自慢げに話した。


(以上、 Record China より)



言葉がない! 


 大阪はちょうど今から、 造幣局の桜の通り抜け が始まる時期だ。

 日本中のテキヤが集まったかと思うぐらい露店がズラリと並ぶが、思えば生き物を扱う店は激減した。

 金魚すくいですら、少ない。

 昔はウナギ釣りやらヒヨコ売りやら、もっと居た筈なのに。



カラー・ヒヨコ


 赤やら青に染められたヒヨコは当時でも異様だった。

 一羽や二羽買っても体温が保てずすぐ死んでしまうし、運良く成長しても九分九厘オスだから卵も取れず、住宅街に勘違いな時を告げるだけだった。

 残酷だから、と、露店から消えたのだろう。

 しかし世にオスのヒヨコは相変わらず生まれているはずだ。

 なんだか、もっと残酷な処分のされ方になっているんじゃないか?と、思ったりする。


 頭を真っ赤や真っ青にしてる人は、やはり寿命は短くなるのだろうか?

 まあ、俺たちもヒヨコの群れも大した変わりはないのかも・・・




投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 ぐっちゃんの言うとおり。

 ヘア・カラーで寿命は短くなる!


 毛染めは、白血病、再生不良性貧血の原因と言われてます...(怖)


 それにしても、中国という国の現実を知れば知るほど、中国が嫌いになる。



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

1 Comments

霧島

ひどいな! 中国は!

中国のある地方では、

「水俣病」が蔓延してるそうだ!!!!!

もちろん中国政府は、ひた隠しに、隠しているが。。。

  • 2009/04/27 (Mon) 20:58
  • EDIT