カナダ刑務所で6人脱獄、「爪切り」で出口作る

 カナダの刑務所で昨年夏、重罪を犯した入所者6人が、4カ月間かけて爪切りを使って外部への出口を作った末に脱走していたことが分かった。

 
12日に公表された政府の報告書で明らかになった。

 脱走した服役囚のうち、4人は殺人の罪に問われていた。

 出口を作る間は、仲間の受刑者がその前に置いた机でトランプをして死角を作るなどして、監視の目を巧みにあざむいていたという。


(以上、ロイター より)



乾坤一擲(けんこんいってき)   ~運命をかけて大勝負をすること~


 檻を切ったのか孔を開けたのか知らないが、四年も掛ける努力と忍耐は並大抵ではない。

 重罪人らしいが、きっと 「エネルギーの使い方を間違えた人々」 なのだろう。


 本当か嘘か知らないが毎夜鉄格子に小便を少しずつ掛けて、終に格子を腐食させて脱獄したという話を聞いた事がある。

 人間窮地に追い込まれると何を考え出すやら分からない。

 映画にもなった 『大脱走』 あれは捕虜で、罪人ではないが、とてつもないアイデアが閃くものだ。

 
 日本全国の刑務所の責任者の方々、食事に糸こんにゃくを出すのをやめた方がいい!

 集めに集めて、束ねて逃げようとする輩が…





投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 糸こんにゃくを集めているうちに腐っていくから、ムリだぁ~。

 で、鉄格子に小便を少しずつ掛けてというのと同様の腐食という原理は、既に日本の明治時代の網走刑務所で、「食事の味噌汁の塩分で腐食させる」 という、気の遠くなるような手口で脱走した記録がある。(これ、ホント)



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

2 Comments

tanoken

こんなに頭のいい奴がなんで悪いほうにいくのかな~
もったいないなー(-_-)

  • 2009/04/05 (Sun) 11:55
キムチネコ

悪知恵を働くって言うじゃないですか。
あれ? 何か違うな。v-388

  • 2009/04/05 (Sun) 16:48