緑色温泉

またもや、銭湯・温泉の専門サイトで 「暴力温泉芸者 松奴」 名義で掲載させていただいた文章です。



バスクリンだとかの入浴剤、それに銭湯の薬湯はなんでオレンジだとかグリーンの色してるんだろう?

 合成着色料と蛍光染料で気色悪い色に、合成香料で吐きそうな人工のジャスミンの匂い。

 効能書きには、あせもとか皮膚に良いと書かれてある、、、 嘘っぱちだーっ!

 
 全ての合成着色料は皮膚障害を起こす。

 原料はコールタール、そう、道路のアスファルトだ。



先日、知人に 「登別温泉の湯」 だとか 「白浜温泉の湯」 とかをセットにしてあるモノをもらった

 
 が、全て合成着色料赤色2号とかが入っていてオレンジ色だった(お湯に入れる前に、全て発売元に送り付けた。もちろん、着払いで)



 なんで、温泉がオレンジとかグリーンなんだ?













投稿者: Anthony
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

0 Comments