1万人の大工?

1万人の大工の源さん


なんだかわからんが… 毎年この季節になると大阪城に大工が集まるらしい。


 噂には聴いているが未だにこの目で見た事はない。

 なんでも1万人ほど集まるらしいのだ。

 大阪城をもう1つ造るのかと思うが、何か新しい物が建ったのは見ていない。


 大工が1万人要るなら左官屋や建具屋、畳屋ガス屋水道屋電気屋等々…。

 大阪城周辺は職人だらけだろう。


しかし、気になるのはその大工を呼んだ施主だ。


 「佐渡先生…」 とか、聞いた。

 まさか、あの 佐渡 酒造 先生 が、依頼したのか?

 
 ははあ…分かったゾ!

 佐渡先生は何年も掛けて大阪城公園の地下に 「ヤマト」 を建造しているのだなっっ!

 道理で地上に何も無い筈だ。


 よおし、年末ぐらいまでに真実を確かめに大阪城まで行ってみようか。

 大ヤマトが発進する所が、見られるかも知れない。

 
 念のため、弁当も用意しておこう。何だか 「弁当出ん…」 と耳にしたから...




投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ツッコミという名の補足]

 1万人の大工じゃなくて、大阪城ホールで毎年行われている一般公募者が参加して合唱する 「1万人の第九」 だ。

 佐渡先生は、宇宙戦艦 ヤマトの船医の佐渡 酒造 じゃなくて、クラシック音楽の指揮者として高名な 佐渡 裕 先生。

 「弁当出ん…」は、ベートーヴェンのことだが、本当に食事とかは出ないので、やはり、必要か?

 スポンサーのサントリーからは、ウーロン茶とかフラバン茶が出るらしいが。


 しかし、1万人の大合唱団の割には、ギネス・ブックに載ってないのは、なんでだろう?



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments