第20回 新興宗教の二代様登場

真理の鏡教団(仮名)信者による、奉仕活動という名の労働


そのときは一大セレモニーだった


 完了検査の日、二代様がやってきた。

 当代である。真理の鏡教団(仮名)の教祖様である。


 生きる神様、生き神様だ!(信者にとってだけど)

 隣国で例えると、K正日にあたるカリスマ性を帯びた人物である。


 白のハイヤーで到着した二代様は、我々と1500人の信者の熱い出迎えをうけた。

 二代様が左手を軽くあげると、信者の方から、「ぅおおーーーー、二代サマーー!」 という、歓声があがった。


 颯爽と白いハイヤーから降りる二代様。

 息子である三代様が、そばにならぶ。

 そして8人の巫女が、それに続く。

 巫女は年のころ20歳~25才くらいだろうか、みな髪が長く、腰くらいまである。

 そういう決まりなのかもしれない。


 割と小奇麗な女ばかりだ。

 平均点はみな超えていた。

 ただ、よく観察すると、能面のようだ。

 笑いもせず、怒りもせず、私語もしない。

 ただ、黙ってついていく、2代様の歩くとこに。

 それは、ひよこが刷り込みで、親鳥の歩くとこに、ひょこひょこついていく様によく似ていた。


 
二代様、三代様、巫女、最高幹部たちの昼飯は、2段弁当だった。


 あちらの要望で、こちらが手配したのだが、4800円くらいした。


 一般の信者たちは、夜でも建物の中に入れずテントで寝泊りしてたが、真理の鏡教団(仮名)の中枢にいる彼らは、建物の中のVIPルームのぬくぬくとした暖房の中で、ニコニコして昼食をとった。

 そして、彼らが食べ終わったころ、片付けしに、私と事務員とが行った。


 弁当箱を持って驚いた。

 重いのだ、どれもこれも。

 本当に、箸をつけただけ、みたいな重さのものがある。


 私は、手弁当で奉仕作業にきていた信者たちに、言ってあげたかった。

 「あなた方のお布施が、この弁当の残飯ですよ」 と。


 言う勇気がないので、心の中でつぶやいたのである。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

3 Comments

雑草Z

カリスマ性があるのが不思議です

 その弁当の残飯、直接言わずとも、信者がわかるような場所にさりげなく置きたかったですね。

信者は何を信じて何が目的で入信したのでしょう?

写真をみると、ただの奉仕作業のようですね。・・・白い装束が不自然と言うか、給食のおばちゃん達みたいです。

  • 2008/12/31 (Wed) 01:16
  • EDIT
健康面白雑学!★apple

もったいない!

私は貧乏性なので(事実貧乏なのですが…(^_^;))
こういう話を聞くとトサカにきます。
米一粒でも残さないのに…(-_-;)
そう言う人は自然の摂理に淘汰してしまうと思います。

編集長に副編集長!そして執筆の皆さん!
今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します!
来年は飛躍の年にしていきたいですね。

P!P!(^^ゞ

  • 2008/12/31 (Wed) 08:07
  • EDIT
山口ジジイ

雑草Zさん
そうですな、それと分かるようにすればよかった
白装束にたすき。
これがこの教団の、ユニフォームでした
なんと、工事関係者も、着させられました

appleさん
この世の中は、搾取する側と搾取される側
そんな、階級思想を思い出すような出来事でしたね
今考えても、腹がたつw

編集長副編集長はじめ、みなさん、旧年中はお世話になりました。
今後も、アンソニーズカフェをよろしくお願いします

  • 2008/12/31 (Wed) 21:18