世間がこんなに大変な時に

<川口女性強殺>清田被告に無期懲役判決 さいたま地裁


 埼玉県川口市のアパートで昨年10月、会社員の渡辺沙織さん(当時26歳)を絞殺して現金を奪ったなどとして、強盗殺人などの罪に問われた住所不定、配管工、清田龍也被告(40)に対し、さいたま地裁は12日、求刑通り無期懲役を言い渡した。中谷雄二郎裁判長は「卑劣にして凶暴かつ執ようで、残虐極まりない」と指摘した。

 判決によると、清田被告は昨年10月30日夜、川口市柳崎5のアパート2階に住む渡辺さん方にベランダから侵入。帰宅した渡辺さんに刃物を突き付けて脅し、両手足を縛ったうえ、両手で首を絞めて殺害。現金8000円などを奪った。

 このほか、05年2月~07年7月にいずれも川口市内で、強盗強姦事件2件、強盗未遂事件1件、窃盗事件1件の計4件を起こした。

 弁護側は渡辺さんの事件について「騒ぐのをやめてほしくて首を絞めた。殺意はなかった」と主張したが、中谷裁判長は首の圧迫痕などから「死亡するという結果を認識していたのは明らか」と退けた。


(以上、毎日新聞 より)


昨今の無期懲役は本当に 「無期」 で、おいそれとは出てこれないらしいが・・・
 
 見方を変えればこの男は今後2~30年、衣食住に困らず、交通事故に遭う心配もなく、病気すればすぐ医療保護も受けられ、出所したあとは年金なり生活保護なりで穏やかな老後が送れるわけだ。

 若い命を我が儘に奪った者に与えられる刑罰がこれではやはり釈然としない。

 
 とかく苦しいのは塀の外ではないだろうか。

 例えば何の権利も与えず世に放つというのはどうか。

 
 衣食住あらゆる権利を奪われれば数日内に死ぬだろう。

 段ボールも空き缶も拾わせない。

 死にたくなければ残飯を漁るしかない。

 フラフラしていると車にはねられるが治療などしない。

 軽くとも何か犯罪を犯せば即収監即死刑執行となる。

 これを2~30年続けられたら放免というのは重すぎるだろうか。

 その方が途中で悟りが開けたりはしないだろうか。それこそ更正というものだ。

 
 が、実際はそんな刑罰はない。

 労役も運動も何もさせず与えず独房に死ぬまで拘禁していただきたい。




投稿者: ぐっちゃん  

[編集長-ひとこと]

 実際、塀の中の暮らしが忘れられずに。わざと再犯して塀の中に戻る人が、かなりいるらしい。

 やはり、この世はつらいことばかりか...



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

2 Comments

nao

やはり自給自足の島流しが一番。

  • 2008/11/20 (Thu) 19:59
ぐっちゃんです

目ェ離したらイカン

そのうち独立して反撃に出るゾ。アメリカしかりオーストラリアしかりジオン公国しかり…

  • 2008/11/20 (Thu) 23:50