夏…っぽい話 たぶん最終章

以前から取り上げている 「典礼会館」 のCM、ついに第三弾が出た。やはり締めは妻でした。


 「あなたといて幸せでした」 とソッと手を重ねる。

 … 「でした」 て、おいおい…


 そしてバスはもはや道ではなく草原を進んでいく。


 どうやらこの 「怖いCF三部作」 は完結をみたようだ。

 やはり最後まで 「嫁」 は出て来ず、見る人によっては 「気ィ悪い」 幕切れとなっている。


 知っている人が多いと思うが 『となりのトトロの都市伝説』 という話がある。それによるとネコバスというのは死者にのみ見えるものであって、当然乗客は現世の者ではないのだそうだ。

 そして 『さんぽ』 という唄も歌詞に出てくる場所が寂しい方へ寂しい方へと唄われているという。

 このCFの監督はそれにインスパイアされてこの作品を撮ったのではあるまいかと考えるのは甚だ穿ち過ぎか。

 いや悲しいかな見えてる物は伏線にも隠し球にもならず、ただ薄ら寒いだけの印象しか残らない。なにしろクライアントは典礼会館なのだからハナからネタバレなんである。

 けなしているのではない、最近のCMの中では群を抜いて 「心の在る」作品だったと思う。15秒×3本でしっかり掴んでいる。

 やはり葬式だとか墓地墓石などは扱う物が物だけに色々と制約や遠慮のようなものがあるのだろう、なんだか尻込みしたような当たり障りのない内容と 「ご先祖に感謝」 的な決まり文句で纏められた物ばかりだったが、この作品は 「今から送られる者」 すなわち生きている我々の側に初めて立った映像でもあり、その業界において 「壁」 だったものが 「幻」 でありそれこそ「伝説」 でしかないと実証した。

 まあだいたい厳粛でオゴソカでないと駄目だなどと誰が言い出したのだろうか。

 今こそ故中島らも氏の名作、墓の中から死者が出てきて 「こんなエエとこおまへんでぇ~」 と言う幻の作品だが、何処かの霊園でやらないだろうか。

 少なくとも大阪の人間はそれ位では怒らないはずだ。



投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 往年のお笑いタレントやその家族の団欒、明るく穏やかな芝生...そんなCMが多いこの業界に、エポック・メイキンング的な映像。

 ・・・ショックを受けました。



[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

2 Comments

ぐっちゃん

だが…

この時我々はこの話がまだ続く事を知らなかった…

  • 2008/09/30 (Tue) 09:21
早起きオジサン

まだ、あるのですか?

やはり、奥様の登場なのでしょうか。

  • 2008/09/30 (Tue) 11:24