だから子供は嫌い

子供とゆうものは・・・


 いくらこっちが寒かろうが暑かろうが寝込んでようが怪我してようが、交した約束は 「絶対」 なのだ。


 要するに大人の事情など分かってもらえないし、こちらも説明するのがとーても「面倒」だったりする。

 犬や猫なら「まぁごめんなさいねー」と頭をなでれば鳥頭で数分後には忘れて貰えたりするのだが、人間は中途半端に言葉が通じる分、そうはいかない。

 約束を破ったが最後、こちらが如何なる状況であろうとも、嘘つき呼ばわりされ、「また次があるよね」と、いう全く有り難く無いプレッシャーをかけられるのだ。嗚呼。

 別にホントのワシの子供ではなくて、コイツは妹なのだが、こんな子供のモデルケースを毎日見てるだけあって、ワシの子供嫌いは治らないのだ。

 こんな子供がもうひとり増えたらどうしようかと思うと、寒気がしてきてしょうがない。

 
 そんな訳で、ワシは子供が嫌いなんです。

 関係者の皆さん、悪しからず。




投稿者: やさい

[編集長-ひとこと]

 僕が敬愛する 伊武 雅刀 氏も、 デビューシングル『子供達を責めないで』(1983年.オリコン21位、売上10万枚のヒットとなった)で、。「私は子供に生まれないでよかったと胸をなで下ろしています」 「下から見上げるようなあの態度」「人生の深みも渋みも何にも持っていない」 「私は子供が嫌いです」 「この世の中から子供がひとりもいなくなってくれたら」と、連呼していた。

 まぁ、それは作詞した 秋元 康 自身のことなのだそうだが。


 僕も、子供に生まれなくてよかった!(笑)


『子供達を責めないで』 も収録のベスト・アルバムも要チェック!





[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

1 Comments

be-free

足が臭い!!泣けば済むと思っている所がズルイ!!

編集長…アナタもマニアですね(笑)
(知ってる俺もまた同じ…)

  • 2008/09/21 (Sun) 22:20