Anthony's CAFE 

archive: 2019年11月  1/1

ジェイク・バートンさん 死去

11月20日、スノーボードのパイオニアで 「バートン・スノーボード」 の創業者で会長のジェイク・バートンさんが亡くなりました。 なんと65歳という若さでした。ガンによる合併症が死因だったそうです。 いやー、非常にショックを受けました。 残念でなりません。 心よりお悔やみ申し上げます。スノーボードのパイオニア、ジェイク・バートンさん。 知名度もなく、指導者もいない、もちろんスクールも解説書なかった19...

  •  0
  •  0

雪だるま (ショート・ストーリー)

No image

久方ぶりにまとまった雪が降った。雪を心待ちにしていた弟は大はしゃぎである。 とはいっても、たった二十センチなのだが。 この地方の感覚では一メートル積もってやっと平年並みだ。「さてと」  弟が妙にウキウキした表情でそう言った。「どこ行くの?」「庭で雪だるまでも作るわ」 弟が照れくさそうに答える。自分でも子供っぽいと認識しているみたいだ。投稿者:クロノイチ...

  •  0
  •  0

ベトナム語で 「鳩」 は 「チンポコ」 (Re- UP)

出典:『トリビアの泉』(フジテレビ)チンポコ 茶色い??? チンポコ チャイロイ はベトナム語で 「鳩が走ってしまった」 だった! また、1つ、ムダな知識を得てしまった。。。投稿者: Anthony  (初回掲載日 2007/01/04)...

  •  17
  •  0

年末調整

No image

うちは一応、法人なのですが、正規の給料をもらっている働き手は僕だけです。 当然、会計も自分でやります。  自分の給料の年末調整を自分で計算するのは非常にかったるいですね。  なぜ、かったるいのかというと、給料以外の収入があるせいで、どうせ後で確定申告をしなければならないからです。 まったくもって二度手間の気分。 税・TAXは敵だ。  でも税務署に戦いを挑んでもやられるだけです。 それこそ「還付 な...

  •  13
  •  0

東北歴史博物館 「蝦夷展」 (宮城県 多賀城市)

先週、特別展 「蝦夷ー古代エミシと律令国家ー」 を観てきました。 これは、東北歴史博物館開館オープン20周年と、宮城県多賀城跡調査研究所設立50周年を記念する特別企画展です。 見た感じかなり力が入った企画展でした。  いや~見たごたえがありました。 素晴らしいです!パンフレットより『1,300年ほど昔,古代東北の地には律令国家の支配に属さない「蝦夷(エミシ)」と呼ばれた人々が暮らしていました。律令国家の...

  •  2
  •  0

ノーベル賞飴って・・・

Photo by Nao 撮影場所: 大阪府 八尾市 JR久宝寺駅付近 某所 撮影日時: 2007/10/18この飴を舐めれば、ノーベル賞受賞も夢じゃないっ?投稿者: Nao    構成: Anthony[編集長-ひとこと] 今回の記事も故Naoさんのボツ記事復活シリーズ(笑)の一つですが、文章の過激さから編集長の僕がボツにしたのではなく、Naoさんからの記事差し替え要請があって別記事を掲載したために、画像を保管したままになっていました。 ...

  •  17
  •  0

アゴ A GO GO (ショート・ストーリー)

No image

Long long ago あるところに大層アゴの長い男がいました。 男のあだ名は 「チョーチン」 です。「長いアゴ(Chin)」 もじってつけられた名前で、男はそれをとても気に入っていました。 男は大した取り柄もなく、無職でしたが、目立つアゴのおかげで村の人気者だったのです。 ところがある日、男に思いがけない不幸が訪れました。なんと男の家の隣に、男よりもさらに長いアゴを持った老人が引っ越してきたのです...

  •  0
  •  0

BARの片隅で (詩)

No image

冷えきった体を彷徨う夜の街BARの重い扉を開けると暖かい笑顔のマスターが出迎える停まり木に座り 「ホット・ラム」 とオーダーする「ダークで?」マイヤーズに手を伸ばすマスターに「いや、今夜は白いので」ヤカンに火を着けロンリコを注いでくれるやがて湯気がともる銀色の取手がついたタンブラーが運ばれ俺は一息をつく木のぬくもりのするBARの片隅で投稿者:Nao(初出:2008/02/17 )...

  •  13
  •  0

明晰夢 その3 (ショート・ストーリー)

No image

夢のコラボ  我が街には時々ヒーローがやってくる。  数年前からのことなのだが、あたしの住む街にこのところ頻繁に凶悪な怪獣が出現するようになった。だいたい一週間に一度は異なる怪獣が現れて大暴れする。  自衛隊も歯が立たない怪獣ばかりだ。当然避難勧告も出た。でも誰も避難せずに、束の間の平和を楽しんでいる。  ヒーローがやって来て、たちどころに退治してくれるとわかっているからだ。  ヒーローは、カッコ...

  •  1
  •  0

映画 『ジョーカー』

映画 『ジョーカー』 ポスター先週見てきました。バットマンの宿敵である悪役ジョーカーの誕生を独自の解釈で描いた映画です。 世界中で大ヒットしているそうですが、大いに理解できます。今年度を代表する一本になる映画でしょう。 控えめに言っても傑作です。(笑)  絶対おすすめ! 皆さん是非見てください! 1960年~70年代にかけて盛んに作られた反体制的で暴力的な映画、いわゆる 「アメリカン・ニューシネマ」 の...

  •  4
  •  0

ツッコミどころ多数 (ショート・ストーリー)

No image

弟の好きな特撮戦隊ヒーロー番組が先週最終回を迎えた。   と、思ったら今週また似たりよったりの新番組が始まる。どんなヒーローか知らないが、どうせあたしには見分けが付かないレベル。 内容もきっとワンパターンである。  弟はよく飽きずに見続けられるものだ。  そんなことを弟に言ったら、「歳とったんだよ」 と笑われた。 いやいや、あんたが幼稚なんだよ。「まあ、第一話だけ付き合って見てくれ。事前の情報じゃ...

  •  0
  •  0

スター・ウォーズ展 in 天王洲アイル 寺田倉庫 (東京都 品川区)

浅草のホテルに一泊した翌日は、かみさんと浅草寺あたりを散策した後、別行動になりました。 スター・ウォーズにはほとんど興味がないかみさんは、上野の東京都美術館で開催している 「コートールド美術館展ー魅惑の印象派ー」 を見に行き、スター・ウォーズ大好きのわたくしは、品川区天王洲アイルでやっているスターウォーズ展を見に行くことになりました。Photo by Kirishima入り口にて。 料金は 3,500円と、ちょっと高いです...

  •  12
  •  0

松竹梅 (ショート・ストーリー)

No image

俺の家にはスライムが住み着いている。 スライムといっても、粘液状のおどろおどろしい人食いスライムではない。姿形はドラゴンクエストのスライムに瓜二つである。 しかも青い。なかなか愉快な表情をしていて、人懐こく、悪さもしないので、敢えてどこにも通報しないで家に置いてやっている。 ちなみに名前は、ドラゴンクエストのモンスターに似ていることから、「ドラクエのモンスター」を略して 「ドラエモン」 とした。 青...

  •  0
  •  0

正倉院の世界 ―皇室がまもり伝えた美― 東京国立博物館 (東京都 台東区)

10月下旬、かみさんと一泊二日で東京に行ってきました。 埼玉県の朝霞市で用事を済ませてから東武東上線で池袋に行き昼飯を食べたあと、上野の東京国立博物館で開催している正倉院展を見てきました。 1300年という時空を超えてなお輝き続ける宝物の美しさに大感動しました。 素晴らしい!!「皇室が守り伝えた悠久の美、正倉院の至宝と法隆寺献納宝物の代表作を、前期・後期で大幅に作品を入替えて披露する、正に令和元年...

  •  7
  •  0

明晰夢 その2 (ショート・ストーリー)

No image

真っ暗だ。 ── わかってる。これは夢だ。 あたしの夢は、いつも真っ暗な空間に一人ぼっちの状態から始まる。  弟が言っていた。これは明晰夢なのだと。  夢の中で 「これは夢だ」 と気付けば、あとは自分の意志次第で自由に夢の内容を作り替えることができると。 でも、あたしの場合、今まで一度だって思い通りの夢を見られた試しがない。   いつまでも真っ暗なところにいるのも嫌なので、こう念じてみる。「光あれ!」...

  •  3
  •  0