Anthony's CAFE 

archive: 2019年05月  1/1

月山スキー場   2019年5月 再行 (山形県 西川町)

昨日(5/22)、再び月山スキー場に行ってきました。2週続けてです。 天候、晴れで無風、暑くもなく寒くもなく、最高のスノーボード日和でした。 雪は、とんでもないくらい大量にあり、余裕で7月末のクローズまで滑れるような状態でした。 今回は、月山特有の腐れ雪対策として普段あまり使用したことのない 「ロッカーボード」 を持っていきました。これが完璧にハマりました。 月山特有の腐れ雪に完璧にフィットしてストレスな...

  •  1
  •  0

月山スキー場   2019年5月 (山形県 西川町)

昨日(5/15)、「都会に夏を感じたら月山スキー場!」 ということで月山スキー場に行ってきました。  毎週のように用事が続き、なんと37日ぶりのスノーボードになってしましました。  月山は、朝方は曇っていましたが、終日風もなく穏やかに晴れ上がり暑くもなくほどよい陽気でした。 雪質は最悪でした。谷筋のコースは、まずまずでしたが、他は大雨の影響でいたるところに縦溝が走り、でこぼこ、ガタガタ状態でした。やれやれ...

  •  0
  •  0

挑戦隊チャレンジャー・完全版 第二話「謎の戦神現る」 その5 (小説)

No image

スーパーチャレンジアタックの直撃を受け、コーヒー党副総裁・マンデリーンは爆散した。  手柄を奪われた挑戦隊の面々が我先に挑戦神ラインズマンに詰め寄っていく。 「チャレンジ・マッハダッシュ!」 叫びながらただ走るだけだが、全員意味もなく速い。「何者だ、てめえ!」 ブラックウーロンが怒声を張り上げる。投稿者:クロノイチ...

  •  0
  •  0

ザ・ローリング・ストーンズ展 Ⅱ

「2016年4月、ロンドンを皮切りに、ニューヨーク、シカゴ、ナッシュビル、シドニーなど世界各地で大旋風をまきおこしている「ザ・ローリング・ストーンズ展」がアジアで唯一、東京での開催が決定!! ザ・ローリング・ストーンズが自らプロデュースするこの企画展は・・・・・」(パンフレット より)アレキサンダー・マックイーン、プラダ、ディオール、グッチなど、1960年代から現在まで、超一流デザイナーが手掛けたステージ衣...

  •  1
  •  0

挑戦隊チャレンジャー・完全版 第二話「謎の戦神現る」 その4 (小説)

No image

紅紅茶郎は挑戦部部員の到着を心待ちにしながら、 コーヒー党副総裁・マンデリーンが一人で切り盛りする露店スタイルのコーヒーショップの様子を陰で見張っていた。 一杯十円のコーヒーではあるが、実際に飲んだ生徒の感想を聞くに、「今まで体験したことのないかぐわしい香りと芳醇な味わい」だそうで、行列が途切れないのも至極当然といった感じである。(厄介だな。コーヒーの安売り自体は悪いことでも何でもないから、もしコ...

  •  0
  •  0

ザ・ローリング・ストーンズ展 Ⅰ

ロック・ポップスには興味のないかみさんとは別行動になり、 わたくしは五反田のTOC五反田で開催されている 「ザ・ローリング・ストーンズ展」 に行ってきました。 世界の主要都市を巡り、アジアでは唯一ここ東京のみの開催です。 入場料3,500円と展覧会にしては、高かったのですが、その値段に見合う満足感がありました。 会場のいたるところでストーンズのヒット曲が流れていて気分を盛り上げてくれます。 まさに 「サ...

  •  1
  •  0

挑戦隊チャレンジャー・完全版 第二話「謎の戦神現る」 その3 (小説)

No image

モニターに映る紅紅茶郎は、修行の時に着る道着ではなく、年がら年中着ている紅茶色のハーフコート姿だった。 「紅さん。その風景……学園内ですね。学食の入り口の向かって右側に並んで立っている三本の菩提樹のうち、一番奥にある木の東側の幹が間近に映っています。樹皮の特徴からして間違いありません」  緑玉郎は無駄に詳しく紅茶郎の居場所を指摘した。投稿者:クロノイチ...

  •  0
  •  0

よろしく 令和、 ありがとう 平成

何の迷いもなく 令和もよい時代であることを祈ろう! 誰もが幸せであるように 令和の時代も沢山いいことが あるように  いつも いつも 先週、かみさんと東京国立博物館で開催されていた特別展 「両陛下と文化交流ー日本の美を伝えるー」 を観てきました。 雨にもかかわらず大勢の人が訪れていました。 外国の方もかなり多かったです。見ごたえがありましたよ!(笑)「日本の美を伝える、皇室ゆかりの優品を一堂に。」「両...

  •  0
  •  0