Anthony's CAFE 

archive: 2015年05月  2/2

平将門の首塚 (東京都 千代田区 大手町)

江戸城近くの 「平将門の首塚」 に立ち寄り、参拝してきました。 高層ビルの谷間の鬱蒼とした一角に、碑が建っていました。  平将門 といえば、明治から昭和にかけて数々の怨霊伝説に彩られた人物です。 平安時代の関東武士である将門は、天慶(てんぎょう)の乱によって朝廷に反逆したとみなされて、下総(千葉県北部、茨城県南部あたり)で討死しました。 将門の首は、京に晒されたれましたが、強い望郷の念からか、将門の首は関...

  •  2
  •  0

ネーミング

No image

アンパンマンをもじったネーミング。  「ワンパンマン」 やら 「タンパンマン」 やら 「ザンパンマン」 やらありますが、自分も考えてみました。  バイキンマンとドキンちゃんのパロで、「ゾウキンマン」と「フキンちゃん」。 ゾウキンマンは根っからの汚れ役で、心も身体も真っ黒。でもいつも悪巧みに失敗して、フキンちゃんにコッテリとしぼられています。 フキンちゃんは真っ白なしょくぱ〇まん様がダイフキ!投稿者:ク...

  •  0
  •  0

アゲハチョウ (短歌)

No image

揚羽蝶 飛び交う姿 犬が追い笑う童を 母が追うなり*家の用事を手伝わずに逃げてきた子供が、アゲハチョウを追いかける犬を見て、ふと、立ち止まって笑みを浮かべた。 しかし、子供の後ろからは母親らしき女性が追いかけてきた。 春のうららかな午後の一瞬・・・投稿者: 庵祖兄(初出:2005/04/27 )...

  •  0
  •  0

東京都千代田区 区議選の全裸ポスター

Photo by Kirishima 撮影場所:東京都 千代田区 武道館付近 某所 掲示板何なんだこれはーー! こんなの有りなのかー!  半蔵門の「ホテル モントレ半蔵門」に泊まった翌朝、江戸城の半蔵門、英国大使館、千鳥ヶ淵緑道あたりを散策したとき、偶然見つけました。  見た瞬間、衝撃を受けました。(笑)    よく分かりませんが、後藤輝樹氏ってなにものなんですかね?  旭日旗に日本刀、全裸のいで立ち!! 右翼ですか? シャレがキ...

  •  5
  •  0

千人は入れる仙人風呂 (短歌)

No image

陽の光 湯面に揺れて 黄金色 熊野路の川 仙人の風呂*愛車を廃車するまでは、和歌山県本宮市の川湯温泉に毎年のように行ってました。 温泉街の前を流れる川底から温泉が湧き出てくるので、シャベルなんかで少し掘ると即席の露天風呂になります。 冬の間は、重機を使って川を堰き止めて、巨大な露天風呂 「仙人風呂」 が出現します。 そこで、真昼間からビールを飲みながらの風呂三昧。  「嗚呼、もう一度、行きたい!」 ...

  •  2
  •  0

誰もいない海

撮影場所:愛知県 西尾市 東幡豆(ひがしはず)海岸何故か、海まで来てしまった!! 車を停めてブラブラ。  その辺に浮かんでる生ワカメ食ってみたら、食えた(笑)  若干、固めですよ~♪歩いて島まで渡れそうなんだよね~!! でもここ、ロープが貼ってある。 ダメなのかなぁ~。投稿者: やさい  構成:Anthony [編集長-ひとこと]行きは、良い良い帰りは怖い♪  歩いて渡れても、帰りには満潮で帰れなかったりとか・・...

  •  4
  •  0

母の日 (詩)

Photo by Asagimadara5月に入れば 母の日何年も贈り物をしてないわたし百合を贈るには季節が無く鉢を贈るには難しくカーネーションはか細すぎて山紫陽花を庭に植えて咲くのを待つだあれも贈れまいと気がつくまいと密かに期待をして強い丈夫な花にしようとわたしはわたしに花を贈る切り抜いた広告どれもこれも みんな綺麗小さな花束を母へ何色がいいだろうか投稿者: 浅葱斑(初出:2013/05/03)...

  •  0
  •  0

パンジー (詩)

Photo by Asagimadara黙って見ていると何かに似ているしばらく考えこんだけどよくわからなくて春風がさやさやと通りすぎた知人の犬に似てるそう思いついたら無性に笑えて白や黄色や紫のすみれが愛しくなった毎朝 見つめるのが楽しくなり垂れ目がちのその横顔に春が来たのだと嬉しさにこころ踊る投稿者: 浅葱斑(初出:2013/05/05)...

  •  0
  •  0

小さな営み (詩)

Photo by Asagimadara鉢いっぱいに咲き誇る五年越しの桃色のもりかご緑の光沢が子を育ていのちの水が潤いを与え生まれてきた こころこころが 咲いたよその上に乗る 御佛の光一本の茎が枝分かれしてひとおつ ふたあつあっという間に満開になるみんな一緒支えあって暮らしている護られて生きているひと花 落ちようともあとから あとから負けまいと生まれてくる小さな営みずっと繋がっていけばいい投稿者: 浅葱斑(初出:2013/05/08)...

  •  0
  •  0

青原 (俳句)

No image

青原(あおはら)に 草食らふ鹿と 落し物投稿者: 多雨中微子(初出:2005/05/31)...

  •  1
  •  0

草原 (短歌)

No image

草原(くさはら)で 鹿と戯る 初夏の午後写真機(カメラ)向けるも 臀(しり)向けられ投稿者: 多雨中微子(初出:2005/05/31)...

  •  0
  •  0

二重の虹 と しだれ桜

Photo by Kuronoichi別に写真が趣味というわけでもないので、カメラもコンデジしか持っていないんですが。  面白い写真が攝れるとテンションが上がりますね。 確かに、画像検索すれば、もっと凄いのがいっぱい出てきます。 それでも、自分で目撃して撮ったというのが嬉しいですね。  ちなみに自宅の窓から撮ったため,虹の右側が切れてます。Photo by Kuronoichi我が家のしだれ桜がようやく満開になりました。 でも、今日の...

  •  1
  •  1

ひとみ潤ます炭鉱節 (短歌)

No image

嗚咽にて こころの乱れ 投げくる病み人のひとみ 潤ます炭鉱節 *認知症がある高齢者の方でね、会話が成立しない方々も炭鉱節や芸者ワルツなんかを介護者が歌い出すと、それにノッテ下さって一緒に言葉にならない言葉で、一緒に歌って下さるんです。 認知症の方々は、皆様、栄光の時代を生きておられるんですよ。投稿者:ゆめ(初出:2008/05/13)...

  •  2
  •  0

THE ハンドソープ

知人からプレゼントをいただきました! 「これぞ、まさに!! THE ハンドソープ となりの おねえさん の香り」お姉さんの手、スベスベやな!! うへへ!! 「第3の手」 を手に入れたでぇ、鼻をほじくり放題やでぇ~!投稿者: やさい[編集長-ひとこと]この石鹸、実物大じゃないのが惜しい! やさい嬢の鼻の穴に余裕で親指が入りそうなので、かなり小ぶりそうだ。 もし、実物大なら爪の部分にマニキュアなんぞを塗って、第3の...

  •  4
  •  0

五月人形 兜 (詩)

Photo by Asagimadara甘い小豆が白い餅にくるまれて手のひらよりも大きな葉に包まれているひとつ食べて こころ満たされふたつ食べて 笑顔が弾けて兜を飾る季節到来弓があり 矢が立って強くなれと願いをこめる照れくさくてもう要らないよと呟く君の背丈よさらに大きく逞しくなれと祝い事をする親の願い出し入れをする腕が震える毎年の願いは変わることなくどこまでも続く親こころ投稿者: 浅葱斑(初出:2013/05/08)...

  •  0
  •  0

こいのぼり

Photo by Asagimadaraもう 要らないよいや 要るんだよ初めて買ったこいのぼり小さかったあの頃こいのぼりは 小さかった君が成長してわたしは少しずつ色褪せていくこいのぼりは 今年から切り紙になり子供心に戻るわたし青 赤 緑もうひとつ要るんだよと笑うあれから作る力もないそれでも願いは止まることなく色彩の三原色だけは揃えたくてひとり満足見上げて これでもかこれでもかと 紙を切ってる投稿者: 浅葱斑(初出:2013/04/26)...

  •  0
  •  0

薔薇 と 五月闇 (俳句)

No image

襟足の 遠ざかりゆく 五月闇移り香の 残りて哀し 五月闇薔薇よりも 艶やかに果つ 女ひとり捨てんとす そのとき薫る 薔薇ひとひら 投稿者: 英泉(初出:2005/05/24)...

  •  0
  •  0

SORA (詩)

No image

澄みきった空はソーダ水の青白い雲は柔らかな ソフトクリームの白あなたの前に 置かれた初夏のドリンクこんなにも近くに空が 広がる 投稿者:夢人(初出:2009/04/29)...

  •  0
  •  0

ブリヂストン美術館 コレクション展 「ベスト・オブ・ザ・ベスト」 (東京都 中央区 京橋)

東京のブリジストン美術館は、ビルの新築工事のために数年間、休館になるそうです。 そこで、休館前の最後の展示にふさわしい作品を一堂に結集させたとか。 「未来の美術館に向けて、まもなく休館。 生まれ変わる前に、ぜひもう一度。 コレクションのベスト・オブ・ザ・ベストが一堂に結集!」 (ブリジストン美術館 広報)すごいです。素晴らしい絵のオンパレードでした。 印象派の巨人、マネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、...

  •  2
  •  0

皐月雨 (俳句)

No image

別れきて 天を仰ぐや 皐月雨投稿者: 英泉(初出:2005/05/15)...

  •  0
  •  0

黒い カリン酒

Photo by 831ついに、家にある○年モノのカリン酒に手をつけた…… 今まで怖くて手を出さなかったんだけど!!もう猫の柄と大差ないぐらい色が黒い。(笑) あぁ~現実逃避(苦笑)めっちゃ色黒いよね!! オカンもワシも中のカリンを取り除かず、数年放置したら恐怖の色に(爆) でもこのブラック・カリン、飲んだ翌日は目が疲れにくい気がするの。結構おすすめ!!(笑)投稿者: やさい[編集長-つぶやき] これ、珈琲酒じゃないのか...

  •  8
  •  0

五月晴れ 十句 (俳句)

No image

スモッグも 喧騒もあり 五月晴れ信号の 赤イライラも 五月晴れ亀の子を 眺めて今日の 日課終う 五月晴れ 高速道を 窓開けて メール打つ パーキングエリア 五月晴れ山間の 高速道に 緑飛ぶ 急カーブ ブレーキ音に 緑飛ぶ五月晴れ 寝転べば空 琵琶湖畔緑陰に 寝転ぶ子ら バーコード婚礼の 宴終えたる 五月闇投稿者: 光太郎(初出:2005/05/17)...

  •  1
  •  0

五月の光 (詩)

No image

青さを映し出す漣立つ水鏡はかすみの季節を越えてそよ風といっしょに映し出す木漏れ日は重なった赤松の隙間から五月よ 北国の 青い五月よ祀られた龍神の恵みは過去も昔も変わらぬまま雪解け水を清くたたえてこころ 潤していく大地は芽吹き生命を育む水面は 光に溢れてこんな輝きを 君に見せたい生きる素晴らしさを君に教えたい古戦場跡は 今はもう無い夢の後に生まれた 田畑今 白鷺は恋の季節投稿者: 浅葱斑(初出:2005/0...

  •  1
  •  0