Anthony's CAFE 

category: Menu:30 クロノイチの日々  2/2

対ハエ必殺技術  スーパ・ーズーミング・ストレイト・プレス!

No image

長編小説(この対ハエ必殺技術を導入した)の構想を練っていたら、発表が遅くなりました。 そして、その長編、あまり面白くなりそうになかったので、ボツにしました。時間の浪費です。こんなことならずっとダジャレを考えていればよかった。  *前回の記事 → 「ハエ叩き」(Anthony's CAFE 2015/12/21) も、お読みください。 さて、今回は僕の特技であるハエ叩きについて説明します。まず、用意するものは市販のどこにでもあ...

  •  15
  •  0

クロノイチの新年ご挨拶

No image

あけましておめでとうございます。  実は年中無休です。 父親が引退して以降、仕事を代わってくれる人もいません。一日の中には暇な時間も結構あるのですが、完全オフの日はゼロです。  なので、新年を迎えた感覚があまりありません。  そんなに労力を必要とする仕事ではないため、肉体的疲労が蓄積することはないものの、たまには泊まり掛けで旅行なんかしてみたいですね。  まあ、そんな理由で個人的には正月なんてどう...

  •  4
  •  0

ダジャレ講座

No image

「電話に出んわ」  このダジャレをポンと出されて、クスリとでも笑う人は百万人に一人いるかいないかだろう。 僕はダジャレが好きだが、ただ語呂を合わせるだけの面白みのないダジャレを人前で得意気に披露することは決してない。 言えば言うほど冷めた視線を浴びるだけだからである。  だが、つまらないダジャレでもシチュエーションさえ考えれば、ウケを取ることは充分可能である。 以下にその例を示そう。 トゥルルル、...

  •  5
  •  0

ハエ叩き

No image

「富山の暇人です。趣味はハエ叩き。夏が待ち遠しいです」 と、プロフィールに書くくらい、僕はハエ叩きが得意だ。  なのに、今年は夏になっても家の中にハエがいなかった。  なぜだ? 家が清潔過ぎるのか?  だったらいいが、事実は違う。ゴミ屋敷の七歩手前くらいの家だ。 一番新しくて築十六年、最も古い場所で築百三十年の継ぎ接ぎだらけの日本家屋である。 あちこち隙間だらけなので、入ろうと思えばハエどころかハ...

  •  2
  •  0

ご無沙汰です

No image

半年前、地元の何十年かに一度の大イベントの現場責任者を依頼されて、 何事も断らない主義の僕はつい引き受けてしまったのですが、 先週から5日間に渡る本番を迎えました。 僕自身は至って無器用でミスも多く、力量不足であることはわかっていたものの、昔からそういうことを取り仕切る立場にある家柄だったことと、父親が以前にやっていたことが災いして、引き受ける羽目に相成りました。 まあ、一応無事には終わったわけで...

  •  0
  •  0

いろはがるた

No image

ダジャレいろはがるたを作ってみました。  既出のものや、平凡極まりないものもありますがご容赦ください。  別にいいのができたら差し替えます。い  インドでインドアスポーツろ  ロバのいる広場は  墓石を破壊したに  仁王像に嘔吐したら臭うほ  ホテルと聞いて顏が火照るへ  扁桃腺はどこだ? 返答せんかと  虎を捕らえるためトラップ作りにトライ投稿者:クロノイチ...

  •  2
  •  0

ザ・タワー

No image

小説を書く時に頭を悩ませるのが、登場人物や地名などの固有名詞のネーミングです。 僕は語呂合わせが好きですから、ついそればっかりになりますね。  例えば、ということで全国色々な地方にあるタワーや展望塔の名称を考えてみました。(もちろん架空の存在ですが、本当に実在しないか確かめたわけではありません)普通の語呂合わせ「佐賀市タワー」(佐賀県佐賀市)「美馬市タワー」(徳島県美馬市)「能登の塔」(石川県能登...

  •  0
  •  0

キジを踏まないで!

撮影場所:富山県 某所  Photo by Kuronoichi何が居るか、わかりますか? 家の脇のあぜ道で雌のキジが抱卵しているところです。 ここは、雑草だらけとはいえ、農家の人が普通に通る道です。  ここで、このキジは二、三十日ほど身動きもせずに卵を抱き続けていました。(見ていない時に動いていたかもしれませんが) 私が近づいても逃げようともしません。 身体に葉っぱが落ちても、払いのけようともしませんでした。 その...

  •  0
  •  0

食べたくない名物

No image

「見ただけで死んでしまうお菓子は?」 「見たら死団子」というネタを見たことありますが ・・・・ まあそんな感じで、食欲が消えてしまいそうな全国各地の架空の名物を考えてみました。例によって、本当に架空かどうかを確かめたわけではありません。 地元の方、気を悪くされたらごめんなさい。なんとなくイメージが悪い系「白馬汁」(長野県白馬村)「うじ蒸し焼き」(京都府宇治市)「美濃蒸しプリン」(岐阜県美濃市)「能美...

  •  0
  •  0

名セリフを台無しに ・・・・

No image

「プレイパック」女     「あなたのように強い人が、とうしてそんなに優しくなれるの?」マーロウ  「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」女     「わたくしに死ねと言うのね」「シェーン」少年    「シェーン! カムバック!」シェーン  「オッケー」少年    「戻ってくんなよ」「ONE PIECE」ルフィ   「生きたいと言えェ!」ロビン   「生ぎたい!」ルフィ   ...

  •  0
  •  0

四つ葉など採ってきました

天気がよかったので、近所の大きな公園へ四つ葉を探しに行ってきました。 以前、四つ葉探しが得意だと書いたので、その証明をしようと思ったわけです。 → 「四つ葉の見つけ方」(Anthony's CAFE 2015/05/17)  その公園は遊具も多く、今日は日曜日のため子ども連れで大賑わい。 いい歳したおっさんが一人でウロウロしているのも怪しげなので、さっと十分ほどで採ってきました。  結果は以下の通り。Photo by Kuronoichi五...

  •  3
  •  0

我が家の梅

我が家の敷地は、裏の庭園を除いてほぼ放ったらかしの林のようになっています。 庭の体を成してはいませんが、樹木の種類は豊富です。撮影場所:富山県 某所  Photo by Kuronoichiさて、写真には青梅が一粒。何の変哲もありません。  しかし、この梅の実がなり、青葉が繁る枝の元を辿っていくと……見事にボロボロの枝が…… 皮一枚で幹に繋がっているだけです。しかも、その幹はといえば写真の通り。 今年の積雪で真っ二つにへ...

  •  1
  •  0

女性名詞 男性名詞

No image

「なあ、ヨーロッパの言葉で、男性名詞や女性名詞があるやつ、あるよな」「ああ。ドイツ語とか、フランス語とかだな」「あれって、無生物にも適用されるのな。知ってるか、『月』はフランス語だと女性名詞で、ドイツ語だと男性名詞だぞ」「なんじゃそれ。じゃあ、無生物の場合、暗記するしかないってことか」「そういうこと。さて、ここで問題です。『刺身』は女性でしょうか。男性でしょうか」「『刺身』は日本語だろ。日本語の名...

  •  0
  •  0

残念なこと・・・

No image

・最近のノン・アルコール・ビールは結構味も良くなってきているが、許せないことが一つ。   泡がすぐ消える。・楽天市場で安く かん水 を手に入れた。 うどんを茹でる時、鍋にこれを少し入れると、太麵のラーメンができる。 試行錯誤の末、麵の太さに応じた適量を見つけ、友人に教えてやろうと思っていた矢先、重曹 でも同じことがができると知った。  重曹の方が、手軽で安いじゃん。・地震や洪水の時、学校の体育館が避...

  •  0
  •  0

開かずのオープン・カー

撮影場所:富山県 某所  Photo by Kuronoichiフル・オープンになる車に乗っているが、残念なことに屋根が電動で格納されるタイプではない。 手順が複雑で、手間も結構掛かる。 そのため、面倒くさがりの自分は、8年間で未だ1回しかフル・オープンにしたことがない。  しかも、その1回は、納車時にディーラーの人に屋根の開け方を教えてもらった時のことである。  すぐに閉め方を教わらなければならなかったので、乗車時...

  •  0
  •  0

四つ葉の見つけ方

Photo by Kuronoichi僕は他人より四つ葉を見つけるのがうまい。 十畳間ほどのクローバーの原っぱがあれば、一時間で十本ぐらいは確実に見つけ出すことができる。  どんな場所に生えやすいか、見つけるコツは何か、といったことはネットで検索すれば簡単に手に入る知識なので、ここで詳しくは書かないが、僕はそれらを全部自分の経験で手に入れた。 一つだけ大事なことを書くとすれば、それは 「四つ葉はあるところには山ほどあ...

  •  0
  •  0

ネーミング

No image

アンパンマンをもじったネーミング。  「ワンパンマン」 やら 「タンパンマン」 やら 「ザンパンマン」 やらありますが、自分も考えてみました。  バイキンマンとドキンちゃんのパロで、「ゾウキンマン」と「フキンちゃん」。 ゾウキンマンは根っからの汚れ役で、心も身体も真っ黒。でもいつも悪巧みに失敗して、フキンちゃんにコッテリとしぼられています。 フキンちゃんは真っ白なしょくぱ〇まん様がダイフキ!投稿者:ク...

  •  0
  •  0

二重の虹 と しだれ桜

Photo by Kuronoichi別に写真が趣味というわけでもないので、カメラもコンデジしか持っていないんですが。  面白い写真が攝れるとテンションが上がりますね。 確かに、画像検索すれば、もっと凄いのがいっぱい出てきます。 それでも、自分で目撃して撮ったというのが嬉しいですね。  ちなみに自宅の窓から撮ったため,虹の右側が切れてます。Photo by Kuronoichi我が家のしだれ桜がようやく満開になりました。 でも、今日の...

  •  1
  •  1

センチュリオン・カード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード何十年も前に考えたネタや小説を、自分の生きた証として遺そうと思い、恥をしのんで公開しておりますが、 小説家の道を早々に諦めたために、このようなカードを持てる身分となりました。ただ、今となっても何が正解だったのだろうかと時々考えることがあります。  なんちゃって。 上の文章だと自分がまるで大金持ちみたいですが、実際のところは、日本市場導入当初の甘い審査...

  •  3
  •  0

言葉遊び

No image

その1 「パート・ワン!」 「昔、中国の杞の国の人々が 『空が崩れ落ちるんやないかと怖がった』 という故事から生まれた言葉は何やろ?」 「そんなもん 『杞憂』 に決まっとるやないかい」 「はっずれ。答えは 『空恐ろしい』 だよーん」 「んなアホな」その2 「パート・ツー!」 「こないだ、本場の更科(さらしな)そばを食べに、信州へ行ってん」 「ほお」  「店で頼んだら、ラーメンを盛った皿が出てきよった」 ...

  •  0
  •  0

昔の農作業体験

No image

稲刈り 「お、手つきがいいね。スジがとってもいいよ」 「なんだ。思ってたより、ずっと楽勝じゃん」 「おいおい。勝手なことをするな。──い、稲、刈りをナメるのはまだ早い」 「あ、制止が掛かっちゃった」脱穀 「さあ、この道具で思いっきりコキなさい。しっかりコクんだよ」 「コイてコイてコキまくる。コキコキコキコキコキ。なんか気持ちいいね」 「おお、大量だ。たっぷりコイたね」籾摺り 「次は棒で突きまくって白...

  •  1
  •  0

チンピラの子分

No image

A:「黙れ、チンピラ風情が!」B:「(ビクッ)何ぃ、チンピラだと!」A:「いや、チンピラにすら成りきれていないな。せいぜいチンピラの子分──略して 『チン子』 といったところか。小さい。実に小さくてお粗末なやつだ。しかも役立たずで、常に自分の皮に閉じこもってやがるし」B:「『殼』 だ、それ! 『自分の殼』!」投稿者:クロノイチ...

  •  0
  •  0