Anthony's CAFE 

category: Menu:37 Naoさんの強引にMy Way!  1/1

訃報   Nao  逝く 

No image

お世話に成りました Nao 本日、自宅にて遺体で発見されました。  親族の私としては自業自得としか言えません。   御心配を掛けた方にはお詫びを申し上げたいですが、素直にそのような心にはなれません。  彼が最後に私に言った言葉 「入院は嫌だし、酒を朝から飲むのは絶対止めない。」投稿者: イノボン (Naoの兄)[編集長-ひとこと]  当ブログ 副編集長のNao氏が亡くなっていたという知らせを、Nao氏の実兄...

  •  21
  •  0

谷村有美 コンサート

 みなしごハッチではなく、なんばHatchに、「谷村有美おでかけツアー2012 これからもおそばに ~笑顔~ 今、私たちにできること」に行って来ました。  初めて生で観る 谷村有美 はジーパンにセーターのラフな服で出てきたのですが、とてもスタイルが良く、歳を感じさせないピアノのパワーと変わらずのクリスタルボイスに感嘆しました。  しかも、1月生まれの人達に名前を聞いてくれて、もちろん僕も手を上げて「na...

  •  2
  •  0

新年会

No image

正月に友人、野郎四人で新年会をしました。 料理人である友人の提案で、鍋に豆乳を投入して浮いてきた湯葉を 「引き揚げ湯葉」 として、チビチビ酒を飲みながら、まったりしました。  で。残った豆乳に昆布と鰹出汁を張って、味噌を溶かし入れて、牡丹鍋をいただきました。 好物が鰻、松茸、牡丹鍋の僕は至福の時を過ごしました。 食べ終わりゆっくりしていると 「さあ麻雀」 と始まりました。 麻雀? しかも金をかけると言...

  •  2
  •  0

男が落ちている

No image

ニシナリ(大阪市西成区)では、オッサンがよく落ちている! → Anthony's CAFE ANNEX で、観察するっ!投稿者: Nao...

  •  0
  •  0

あなたにあえてよかった

No image

先日、携帯で熟女の画像を検索してると古い友人からの電話が鳴った。 本当に久しぶりの電話に、しばらくお互いの近況報告を交わし、やがて彼はOさんの話を始めた。 Oさんとは、サラリーマン時代のふたり共通の上司で、僕達が会社を辞めてからも飲みに誘ってくれ、僕達の愚痴も真剣に聞いてくれる本当に恩師のような人だった。 そのOさんが亡くなられた。 享年五十五歳。 癌だった。 三年前に、僕は友人から肺癌の摘出手術...

  •  4
  •  0

けいおん!!

No image

『けいおん!!』が終わった。 こうなればDVDやCDを買わねばならない。 で、検索してみると *初回限定盤は「着せ替えジャケット仕様」! ??? 着せ替えジャケット? と言う事は、澪にあんな服を着せたりこんな服を着せたり、そんなイケナイ事や過激に危ない事や... それよりも、あずさの上履きを剥ぎ取って匂いを嗅ぎ 「naoさん!何をしているのですか!早く返して下さい!!」 ヘッヘッへ。あずさの足の匂いは...

  •  2
  •  0

Sunset on gifu country

No image

岐阜県某所にて。此方では珍しい晴天の冬の夕暮れを撮影!→ Anthony's CAFE ANNEX で、暮れなずむ っ!投稿者: Nao [編集長-ひとりごと] 夕暮れ時は さびしそう とっても一人じゃ いられない♪【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!...

  •  2
  •  0

国民の力で景気を取り戻そう

変わらぬ不景気に悩まされている日本である が、現在、私がお世話になっている職場のホテルは、キャパシティ130名様に対して、連日100名様を超えるお客様にお越しいただき、毎日が残業の盛況ぶりである。 その理由は、特に変わった事をしている訳では無く、営業マンの努力と知恵を存分に発揮させる、支配人の理解があるだけである。 ただ、それだけの理由で、正社員さんは年に二回の賞与に加え、この三月には臨時ボーナス...

  •  28
  •  0

奥飛騨慕情(1) Just Like Paradise

冬だー!山だー!凍結だー!吹雪だー!温泉だー! 日本列島、寒ーい毎日が続いてますが皆様いかがお過ごしでしょうか。 冬と言えば温かーいお鍋が最高ですが、食事の前に、まずは温泉。しかも雪を見ながらの露天風呂とくれば言うこと無し。 てな訳で、今回はリゾート・バイト専門 人材派遣会社 「株式会社ヒューマニック」 さんのご紹介で、ワイド・ビュー ひだ25号 に乗って岐阜県は高山市、奥飛騨温泉郷にやって来ました。 ...

  •  5
  •  0

渡辺喜美元大臣 自民党離脱!

No image

(時間帯や接続状況により視聴できない場合は、時間が経ってからどうぞ)この議員のお父様、故・渡辺 美智雄 氏は、いたるところで 「ミッチー」 と呼ばれてました。 が、僕はミッチーと言えば、やはり 堀江 美都子 さんです。 『キャンディキャンディ』 をはじめ、『花の子ルンルン』 『ボルテスV』、そして 『あばれはっちゃく』 と、数々の名曲を歌い続けて下さる永遠のアイドル。  年上好きの僕としては、空色のミニスカ...

  •  5
  •  0

下男日記 (11) 下男の終焉

ある日の午後。昼休みも終わり宴会の時間まで体が空いた私はシーツたたみを命じられた。 シーツは比較的簡単に終わり、次は手間のかかる浴衣たたみだ。 女中頭Tさんに、たたみかたを教えてもらう。 慣れてくると意外と簡単だ。 要は縫い目のままに折ればよいだけのことだ。 興に乗ってたたんでいるとBさんが入って来られた。「明日から五連休やから辞めたい人は帰っていいらしいで」  え?  そんな、、、、、。 突然ど...

  •  8
  •  0

誕生日 with 41歳の春だから・・・(動画)

No image

(時間帯や接続状況により視聴できない場合は、時間が経ってからどうぞ) 四十数年前には、親父のチンポの管の中に居た僕ですが、とうとうバカボンのパパと同い年になりました。  今年は子供の頃からの放浪癖全開で、旅日記をアップしたいと思います。  現在、外は枯葉散るどころか、猛吹雪だったりします。 うー、寒い。 投稿者: Nao [編集長-ひとこと]   Naoさん、誕生日おめでとう!つーか、偶然にもウチの馬鹿彼女(...

  •  5
  •  0

下男日記 (10) 下男の恋

相変わらずチンコが勃たない毎日が、続いている。 私の睾丸は、すでに活動限界を突破してしまったのだろうか。 職場に女気、と言うか若い女性が一人もいないのも原因の一つかもしれない。  しかし、そんな左官屋みたいな厚化粧の女中のオバハンの中でも、マキさんという、和装の似合う細面の美人さんがいる。 声も透き通った綺麗な声でスタイルも良い。後ろ姿のうなじも色っぽく何より働き者だ。 口だけ達者の女中の中で、配...

  •  6
  •  0

下男日記 (9) 下男の立ちつくし

下男の仕事は大まかに分けて洗い場、部屋掃除、布団敷き、そしてシーツ類の洗濯がある。 とりわけ地下三階から地上二階へとシーツや浴衣を持って運ぶ地獄の階段登りが一番の苦痛である。 が、その後のプレス室の仕事は、椅子に座ってシーツをプレス器に挟み、じっと見ているだけ、という足腰が疲れきっている下男達にとっては魅力ある、一番の人気スポットだ!  当然、下男新入りの私に、そんな素敵な仕事が回ってくるはずもな...

  •  7
  •  0

下男日記 (8) 下男の日常

毎日が本当に忙しい。毎日毎日、団体のお客様が50~70名様で来られる。 忙しいのはありがたいが、それも程度の物である。ここで下男の生活をご紹介しよう。 下男の朝は早い。交替であるが出勤時間は六時、もしくは七時だ。 寮であるので通勤時間は無いが、Nさんは地下三階の穴蔵から地上三階の玄関まで毎朝、階段を登りながら 「泣きそうになる」 と言っておられた。 ここまで来ると職場ももはや死刑場だ。 余談ではある...

  •  2
  •  0

下男日記 (7) 下男の休日

休館日。疲れきっていた身体が目覚めたのは午前11時だった。 丸々12時間寝ていた計算になる。 こんな日は目覚めにビアをプシュッとするのが私の楽しみだ。 軽く酔い心地のまま従食(従業員食堂)へ。  聞いてはいたが、やはり休館日は、まかないも休みだ。 今朝のお客様のチェックアウト後に全員休みに入ったのだろう。館内はシンシンとしている。  とにかく疲れた身体をほぐそうと近くの温泉へと。 フロントで千円を...

  •  2
  •  0

下男日記 (6) 下男 翔ぶ! か?

休館日前日。忙しかったのと、実に五ヶ月ぶりの仕事のゆえに身体がクタクタに疲れきっている。 以前はこの程度の仕事なら楽にこなせていたのに、やはり身体は正直だ。 わずか三日目にして悲鳴をあげるとは。 何にせよ今日一日頑張れば明日は休みだ。 とは言え修学旅行生の後片付けが大変だ。とにかく学生に必要の無い部屋の備品が全て出されているので、それを元に戻さねばならないのだ。 これが結構重労働で、布団だけでも数...

  •  11
  •  0

下男日記 (5) 下男の無責任

No image

髪の毛が浮いた茶碗蒸しを作り直してもらうべく板場へ。 板前さんに旨を伝えると、「何ぃー!」 と叫び、大急ぎで作り直す。 とは言うものの茶碗蒸しだ。盛り付けるだけでなく時間がかかる。 と、丁度夕食交代とのことで私は軽く夕食を頂いた。 その後、広間に戻ると女中達が何やらワイワイ騒いでいる。 聞いてみると、その後、スープ状態で食べられない茶碗蒸しと青虫入り茶碗蒸し。そして段ボールの切れはし入り茶碗蒸しと...

  •  10
  •  0

下男日記 (4) 下男と高校生

吉野山は道が狭いため、11mの観光バスは入ってこれない。  通常のお客様なら29人乗りバスで送迎するのだが、今回は高校生だ。駐車場から歩いて来るとの事。 ただ、荷物だけは先に到着すると言う。  夕食の配膳をしていると館内放送で男連中が呼ばれた。荷物の到着だ。 その数、何と1.5屯トラック二台分だ。 それを運送屋さんと下男とで荷下ろしする。  しかし、高校生にしては贅沢だと思うのが、大半がトランクケー...

  •  4
  •  0

下男日記 (3) 下男の階段登り

 下男生活初日。鬱で昼夜逆転の生活を送っていた私が昨夜、最後に時間を確認したのは午前四時であった。 そして、けたたましく目覚まし時計が鳴ったのは午前六時半である。眠い。ものすごく眠い。 しかしそんなわがままは許されない。なんと言え現在の私の立場は下男である。 眠い目をこすりフロントへ。聞いていたように確かに今朝、チェックアウトのお客様は少ない。二組五名様だ。 そして今夜の宿泊の予定は?と聞くと、北...

  •  1
  •  0

下男日記 (2) 下男の始まり

ケーブルカーに乗り込むべく切符売り場を探す。 閑散とした入り口には、人っ子一人いない。 案内図には大人350円とあるが、どこで切符を買えばいいのだろう。 仕方なしに無人の改札を通ると、右手に事務所がある。声をかけてみるとGパン姿の女性が出てきた。制服ではなく私服である。 が、それはそれで中々色っぽい。歳の頃から、およそ50手前だろうか。 それはともかく、運賃を支払いケーブルカーに乗り込む。客はやは...

  •  3
  •  0

下男日記 (1) 鬱からの脱却

Anthony's CAFE の読者の皆さま。いつも応援、ありがとうございます。 そして、僕の精神疾患に対しての多くの励ましのお言葉に本当に救われました。 お陰様で鬱もようやく落ち着き 「何とか仕事を探さねば」 と、考えていたある日のコンビニ。  たまたま開いたアルバイト情報誌の求人の一画が目に飛び込んで来ました。  そう、以前に経験がある温泉旅館の住み込みの仕事である。  早速、電話してみたら、女将さんらしき方が ...

  •  8
  •  0

ハリネズミがやって来た!

鬱がひどくなり、一時期、兄の家に居候していました。 そんなある日の夕食時、兄は突然 「ハリネズミを飼う!」 と宣言しました。 「ハリネズミ?」と、義姉も僕も姪も聞き返しました。 話を聞いてみると、行きつけのペットショップでハリネズミに一目惚れしたとの事。  無論、今でさえ熱帯魚の水槽が三つにハムスターを飼っている家庭である。スペースの問題もあり義姉は渋い顔。 しかし姪(小学生)の熱意と兄の硬い決意に...

  •  8
  •  0

キティちゃんに勇気づけられる男(俺)

撮影場所:大阪 新世界 鬱と失業生活で昼夜逆転の生活を送ってます。  が、先日、夜中に写真の整理(ずいぶんと前に大阪は新世界で撮った画像です)をしていて、キティちゃんの笑顔に励まされると同時に、キティちゃんのメッセージが心に響きました。 そうだ!イジイジせずに笑顔で胸を張って歩けばいいんだ! 暗く考えず、明日の風にまかせればいいんだ!  笑顔で就職活動を頑張らねば。 頑張らねば。頑張らねば。 ネバネバ...

  •  5
  •  0

Merry Christmas

No image

 真っ白くて真ん丸な甘くて美味しいクリスマスケーキにキャンドルを灯しましょう  ほらほら、電気を切って暗くして  今夜ばかりは マッチで灯りをつけましょう そうすれば ほらね 聞こえてくるでしょ  シャンシャンシャンシャン  プレゼントを背中にいっぱいいっぱい背負った トナカイのソリに乗ったサンタクロースがあなたのもとへとやってくるよ  あなたの心を 幸せな気持ちで満たすために 日刊 Anth...

  •  1
  •  0

美山町  2 (京都府 南丹市)

 こーんにーちはー。naoオッchanでーす。本格的に ♪夏が過ぎ風あざみ。誰の黄昏にさまよう♪ が、似合う季節がやってまいりました。  そんな少年時代に戻りに、先週に続いて今週も、京都府は美山町へと、「強引にmy way」の始まりぃー!茅葺き屋根の民家  「美山町自然文化村」 さんから今宵のお宿を探して、やって来ました「北」集落。  こちら、北地区(かやぶきの里・北村)では50戸の民家の内、38戸が茅...

  •  1
  •  0

美山町  1 (京都府 南丹市)

 こーんにーちはー。naoオッchanでーす。長かった夏も、ようやく終わりを告げようとしております。そんな夏休みの最後に行って来ました 「美山町」。  こちらの町でnaoオッchanは少年時代に戻りつつ、日本の原風景を発見してまいりました。んでは今週も「強引にmy way」の始まりぃ~。  今回ご紹介するのは、京都府最北端は南丹市に位置する日本の故郷的な町、「美山町」なのであります。 この町の何が素...

  •  3
  •  0