Anthony's CAFE 

category: Menu:41 エッチなパンツはいて、街に出よう!  2/2

第5回 ああモデル撮影、エッチなパンツを脱いだヌードは、タダでは拝めない!

ホテルの一室でのセルフ・ポートレイト・ヌード? 飲んでま~す。この機に乗じて、原稿をアゲてしまおうかと。 太宰みたいな立派な作家になれますよーに! さて、先日デパートに行ったら、中のカメラ屋のチラシから、エッチなお姉さんがこちらを睨みつけ…いやじっとりとした目線を向けてワシを誘っている。 おっ?! 「厳選ヌードモデル6名」!! 鼻血ブ―!! ホントに美人のお嬢さん方が並んでおり、男じゃなくても、この...

  •  0
  •  0

第4回 エッチなパンツで追求したい太宰の謎

妖艶に踊る?「やさい」嬢 ブラ紐にも注目!最初に断っておくが、ワシは太宰治の本を買ってまで読んだことなど、只の一度も無い。 と太宰には失礼だが、真実だからしょうがない。 にもかかわらず、 太宰 について語ってしまおう!という太っ腹な企画。どこがじゃ。 というのも、ワシのバイブルである 草野 唯雄 氏の『みなごろしの寺』にはこんな風に記されているのだ。 「太宰は小説にリアリティを与えるべく、自殺を試みた...

  •  19
  •  0

第3回 エッチなパンツをはいたやさい、客にセックスの要求をされる(実話)

悲しんでいるのか?オナっているのか?やさい嬢 悲しい。 実に悲しい。 悲しいけど実話である。 「はーいはぅあぁゆぅどぅゆぅらいくセーックス?」 と外人客からメールが来やがった。なんだこいつわ。 半年前に信用して、うっかりメアドを教えたワシが迂濶だったぜ。 まぁそいつは人畜無害なタイプだとは思うのだが、メールがしつこい。あ、この時点で少し有害か。 「今なにしてる~何処にいるの~」 というお決まりの質...

  •  15
  •  0

第2回 エッチなパンツと若松孝二

やさい嬢 所有の「エッチなパンツ」(シミの有無は不明)若松 孝二 氏の名前を初めて聞いたのは、ワシが中学生の頃上映された『キスより簡単』(原作は、 石坂 啓 の漫画)だ。 中学生の頃は、映画など容易に見に行ける環境ではなかったし、また、興味も無かった。 しかし、いつしか若松氏が「ピンク映画の巨匠」であることを知るのであった…。 その巨匠が昨年完成させた『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』を見た。...

  •  10
  •  0

第1回 エッチなパンツをはいてても、仕事に行かなくちゃ

エッチなパンツ 欲しーい!かわいいブラジャー 欲しーい! …と言って、どこかのオジさまが「ほいっ、パンツ一丁~」とプレゼントしてくれる程、世の中甘くはない。 余程目をかけられている美少女(そうでもない人もいるけど)は別だが、エッチな下着が欲しいと思ったら、仕事をしなくちゃいけないのである。 ワシは現在30代だが、正社員というものを一度もやったことがない。 というのも、最初にフルタイムで働いた場所は飲食店...

  •  18
  •  0

第0回 エッチなパンツをはいて、登場!

 それは一通のあけおメールからだった。Anthony氏からである。 なんと久しぶり!もう、去年の年頭の挨拶をしたかどうかも忘れているほどだ。 ワシは昔、大阪のアンダーグラウンドシーンに非常に興味があり、中学生の頃、 『宝島』 や 『ON STAGE』(編集部・注:ライブ・レポートに特化した音楽雑誌。現在は休刊) を読んでは「大阪!大阪!バイトしてお金が入るようになったら絶対大阪!東京よりも大阪に行って...

  •  20
  •  0