Anthony's CAFE 

category: Menu:38 「食べる」という事 ~美し国を取り戻す為に~  2/4

その80 渇望

No image

 九月に入りまだまだ暑い日々が続いていますが、この時期は夏の陽射しの疲れが一気に出て来ますので、睡眠と休憩をたくさんとっていただいて、来るべき「食欲の秋」に向って体調管理のほどをお願いします。 そして夏の終りに、とある人気ブログを拝見して →「英霊に一杯の水を捧ぐ/博士の独り言-07.07.09」感銘をうけたので小稿でも考えてみたいと思います。 皆さまもご存じのように人は皆、「水」なくしては生きていけない。 ...

  •  0
  •  0

その79 終焉

 一人、水遊びをひとしきり楽しんだら宿に戻り夕食をいただく。地鶏による真夏のすき焼だ。 炭をいこし、たっぷりの野菜と共に地鶏の玉子にからめていただく。甘い。「旨い」のはもちろんであるが新鮮な地鶏も野菜も玉子も「甘い」のだ。 クーラーなぞ無い離れで、暑さも忘れてガツガツいただく。いきおい喉を潤すビールの量も増えて行く。 やがて火照った身体を冷ましに一人、宴を抜け出す。 外はまだまだ明るく、宿に接する...

  •  1
  •  0

その78 清流

 今年もまた、昨年に引き続き涼を求めて京都府南丹市美山町に行って来た。  この町は「食、安全にして美味。水、清らかにして甘露。」と、本当に町ぐるみで手作りにこだわり続ける町なのである。 まずは到着後、道の駅においてお弁当を購入する。これも完全な無添加なのであるが別段アピールする訳では無く原材料表示も極々シンプルだ。 と言うより、そもそも添加物が存在しないのであろう。 一行を河原に置いて来て私は以前...

  •  5
  •  0

その77 猛暑

 暑い日々が続いていますが皆さまの健康のほど、お祈りいたします。 私は昨年に続いて、今年も兄の家族と共に京都の美山町に行って来ます。 この町の素晴らしいところは、食べ物が美味しいのはもちろん、とにかく「水」が綺麗な町なのである。 そして水が綺麗だと、それは米の味にも反映される。 普通、夏のこの時期は米がもっとも不味い季節なのだが、この町は関係無い。とにかく美味しいのである。 当然、気候風土などによ...

  •  57
  •  0

その76 水没

No image

 先日アンソニー編集長と彼女さんと共に、夏本番という事もあり奈良県の東吉野村へ一泊旅行へ行って来ました。 土曜日の夕刻に大阪を発ち、途中の私のナビゲーション不足もあり、道に迷いながらも深夜に現地到着出来ました。 涼しげな山間部にて、かねて用意のカセットコンロと鉄板で焼く焼きそばは、本当に最高の味でした。 そして、翌日も大いなる大自然の中でいただく、バーベキューの美味しいこと。 いわんや、筆者のビー...

  •  4
  •  0

その75 禁断

 鬱陶しい梅雨空が続いてますが、一年を通して一番食欲の無くなる季節です。 どうか皆さん体調管理の程、よろしくお願いいたします。 大阪のさる、ご飯を売り物にした食堂などは、この時期が一番「米が不味い時期」と定義付けて、梅雨の間は休業するほどです(その店が普段は美味しいか不味いかは置いといて)。 ただ、この梅雨があるからこそ稲が勢い良く成長するのも間違い無い事実です。 又、食欲が無く米が一番不味い時期...

  •  9
  •  0

その74 国流

 やはりというか中国の食品の不正が明らかになりつつある昨今だが、川に浮いている廃油で揚げたインスタントラーメンに、段ボール函入りの「肉饅頭」とは恐れ入る。 一体かの国民性に「モラル」と言う概念は無いのだろうか。 無いのだろう。 だから国としてお付き合いをしている我が国の食品事情が怖いのだ。 最近ではさすがに露骨に中国野菜を店頭に並べなくなったが、今尚、陳列棚に並んでいるのが「うなぎ」と「はまぐり」...

  •  1
  •  0

その73 通達

 昨年から始めた無添加食品の食生活を続けている私であるが、ここで今一度「外食産業」を振り返ってみようと思いこの二週間程度、外食と出前の食生活を続けてみた。 結果から先に言うと、わずか二週間で太った。体重計には恐ろしくて乗れないので、正確な体重数は書けないのだが、風呂上がりの自分の姿を鏡に映すと自己嫌悪に陥るほど太った。 個人的な職場の変化や、それに伴う生活の変化なんかは太る原因では無い。自分の身体...

  •  9
  •  0

その72 交響

No image

 鬱陶しい梅雨空が続いてます。じとじとと雨模様の日本ですが、稲作を「食」の中心とする我が国日本にとっては、梅雨はなくてはならない季節です。 五月に苗を植え、六月にたっぷりの雨水を吸い取り七、八月の陽射しを存分に浴びて、やがて味覚の秋の収穫の時期を迎える。 そう考えれば嫌な雨空もありがたく感じる季節です。 私は実は一年を通して梅雨の時期が一番苦手なのですが昔読んだ、とある漫画の一節を思い出す事によっ...

  •  2
  •  0

その71 白日

 何とかいう食肉加工メーカーが色々な動物のあらゆる部位を混ぜて赤く着色し、水を注入して重量を水増しし、牛肉100%として販売していたとしてマスコミ各社に吊し上げをくらっている。  当たり前だ、そんな事。しかしながら、いちいちマスコミが大喜びに、はしゃいで騒がなくとも消費者はそんな物なんて食べたくないに決まっておる。 かの会社社長は「消費者が安い冷凍食品を望んでいるから」などと言っている。 これは、...

  •  5
  •  0

その70 街楼 

No image

 事情があり先日、三日間大阪市内のオフィス街で時を過ごした。 ホワイトカラー諸兄に混じりブルーカラーの私が生活をするのは、少々心苦しかったが何と言っても辛かったのが、昼食であった。 つごう三食をオフィス街内の食事処でいただいたのだが、これが醤油辛い。 元々、調味料とは素材それそのものでは物足りない場合に使うものだが、食堂などでは関係ない。  とにかく撤退して濃い味付けにしてあるので、いきおい、ご飯...

  •  3
  •  0

その69 沖縄

No image

 FC2ユーザーの方々、はじめまして。食とタバコの有害をうったえる連載です。末永くお付き合いを願います。 さてブログ再開後の最初の記事である。沖縄は言わずと知れた長寿の島であるが近年、異変が起こっていると聞く。 女性の平均寿命は47都道府県中ダントツの一位なのだが男性の平均寿命が二十六位にまで下がっているそうだ。 もちろん百歳を超える長寿の男性もまだまだご健存なのだが裏返すと働き盛りの三十代、四十...

  •  4
  •  0

その68 感謝

No image

 私は過去、新興宗教の信者であった。現在でも信仰はしているが、別に依存しているわけではない。 しかしながら、若い頃は完全に宗教に頼っていた。依存性と言っても良いだろう。時を同じくして、パチンコの完全な中毒に患っていた時期がある。 これが辛かった。何しろ辞められないのだ、パチンコが。当時、サラリーマンにして営業だった身の上、今にして白状するが会社には得意先廻りをすると偽って、パチンコ三昧の日々であっ...

  •  1
  •  0

その67 遺書

「食」の最前線である松岡利勝農林水産大臣が自殺されました。 よって今回は「食」についての賛も否も自粛させていただきます。今は只、松岡利勝農林水産大臣のご冥福を祈ると共に現在の日本における宿痾が「死」にいとも簡単に繋がる異常さ。 ごめんなさい、これ以上は何も書けません。松岡大臣。ごゆっくりとおやすみください。 お疲れさまでした。合掌。投稿者: Nao[人気blogランキング]←クリック投票に協力して下さいま...

  •  1
  •  0

その66 食育

No image

→ 前回 に続いて教育行政批判を! 私の通っていた東大阪市立の小学校には築山(つきやま)が存在し、山の中にはアケビやザクロなど食べられる実がなっていて、昼休みには築山に入りびたりであった。 遠い記憶の事なのではっきりとは覚えていないが、赤く細い花の蜜を吸ってあまりの美味しさに幾つもの花を採ったのを思い出す。 今にして思えば、私の「精白された砂糖」が嫌いな訳は天然の甘い花の蜜を吸った記憶に由来するかも...

  •  1
  •  0

その65 憲法

 最近、めっきり聞かなくなった造語に「ジベタリアン」なる造語がある。 これはマスコミにおいての流行り言葉が廃れたのか、それともジベタリアンが減ったのか? 残念ながら、コンビニエンスストアの駐車場においてアスファルトの上にあぐらをかいて、コンビニ弁当をむさぼる少年達を私はよく見る。 哀しい話である。何故に彼、彼女達はコンビニエンスストアの駐車場において食事をいただくのか? 色々と理由はあるだろう。し...

  •  1
  •  0

その64 論調

No image

 「評論家」とは、どうしてこんなにもいい加減な仕事で生活がやって行けるのか不思議でならない。 過日、産經新聞の「正論」欄において大宅映子なる評論家が、食品の安全性について噛みついていたが、今時こんなにトンチンカンな論文を書く評論家も珍しい。 曰く、彼女は自然食品は安心、添加物は危険という一般常識がよっぽど気に入らないのか、こう書く。 「自然が安全でないのは、トリカブトを考えればすぐわかる。」 一体...

  •  1
  •  0

その63 観光

No image

 今年もいよいよゴールデン・ウィークが始まり、読者の皆さまも旅行やレジャーのご予定があろうかと想像できます。 一日、二日は天気も多少ぐずつくようですが、それ以外は晴天に恵まれるようですのでどうか春の日差しを満喫して来て下さい。 又、植物にとっては一番の活動の季節ですので目の保養、あるいは郷土料理なんかをご堪能して、目に舌に自然の素晴らしさを味わって是非とも素晴らしいゴールデン・ウィークになられる事...

  •  1
  •  0

その62 歴史

No image

 先週は休ませていただきました。ご迷惑をお掛けしました。 私は、過去に大病に患った事が無いのですが「風邪」には異様に弱く、冬季には少なくとも4~5回は風邪をひく弱虫です。  普段は風邪をひくと一日休み、果物やみかんジュースなをガンガン摂り、部屋を湿気させて寝汗をかいて(一晩で、およそ下着の替え5枚程度)一気にウィルスを殺し、翌日には出勤するスタンスなのですが、今回はどうしても仕事が休めずに一週間程...

  •  2
  •  0

その61 感冒

No image

 ごめんなさい。今季、最後であろう風邪をひきました。 無添加生活を続けて去年まで苦しんだ「花粉症」はケロッと治ったのですが、風邪には勝てませんでした。 読者の皆さまもどうか、お気を付け下さい。短稿にて。投稿者: Nao[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!...

  •  1
  •  0

その60 新緑

No image

 桜の時期も終わりを告げ、じっとしていられない活動の季節がやって来ました。  以前、温泉旅館で働いていた頃はこの時期「山菜採り」で、てんやわんやの大忙しでした。 まずは「すかんぽ」。正式には「イタドリ」と言いますが私が居た奈良県の山奥では「イタンボ」なんて呼んでました。 これが早朝から山に入り夕方まで採り続け、始末は深夜までかかる重労働でした。 しかし、お客様の「美味しい」と笑顔で召し上がっていた...

  •  1
  •  0

その59 徴収

No image

 以前に何かの雑誌で読んだ記憶があるのだが、日本のテレビ番組の内容は世界一、低級らしい。残念な話である。 確かに人の頭をひっぱたいて、叩かれた本人は妙な表情をしながら奇声を発する。 それを見たスタジオに座っているだけのタレントが指を指して笑っている... 私はほとんどテレビを観ないが、たまにチャンネルを合わす合間に観るとバラエティ番組の内容はこんな物だろう。  一体、何が面白いのかが解らない。 昔、...

  •  1
  •  0

その58 倫理

No image

 先日、お客様の車の室内清掃をしていた。 私は、自分自身の原則として洗車上がりはエンジンを切るのだが、この日の、この時は何故かアイドリング(暖気運転、走りもしないのにエンジンを回しっぱなしの無駄な行為)をしたまま作業に入った。 目につくのはナビゲーション・システムのモニターから流れるテレビ番組。 見るとはなしに見ていると、どうやらその番組の趣旨は、芸人二人が「一週間でシチューを二人で500杯食べれ...

  •  1
  •  0

その57 腫瘍

No image

 「あ、あの鳩、足に怪我してる」と。編集長の彼女さんは優しい方である。 よく見ると、なるほど鳩の足が潰れている。編集長が「あれは腫瘍だ」と。 読者の皆さまに、じっくりと写真を見ていただきたい。普通、「鳩の足」は爪三本だ。 しかるに一体この鳩の足はどうなっているのか?明らかに「異常」ではないか? 私達は更に観察を続けた。私達が居る岸和田城の堀端に、偶然、餌を求めてやってきたのは六羽の鳩達だ。 そして...

  •  0
  •  0

その56 春来

No image

 先日、編集長と編集長の彼女さんとで温泉に行って来た。 春の陽射しの中、泉質も抜群な → 「犬鳴温泉センター」で、ゆっくりとしたひとときを楽しんだ。  しかも、湯船にて同じ → 温泉マニアの方(日本秘湯に入る会 会員 ポンちゃん)との交流もあり人との出会いの不思議さを痛感したものだ。  ちなみに、ポンちゃんは非常に人当たりが良く笑顔が素敵な男性で、顔と目元に人なつっこさが溢れている、素晴らしい人格の持ち主...

  •  1
  •  0

その55 調味

No image

 過日、知人と談笑していたところ、知人の携帯電話が鳴った。 相手方との会話を聞くとはなしに聞いていると、どうやらその方のご両親が「偏頭痛」に悩まれているらしい。 私の知人が食生活についてアドバイスをされていたが、通話の後に話を聞くと、どうやらそちらのご夫婦はとんでもない食生活をされているらしい。  私も揚げ物が好物で、エビフライや豚カツ、カキフライにイカフライ等々、赤穂の荒塩をふっていただくのだが...

  •  1
  •  0

その54 少女

No image

 禁煙を始めてから、およそ10ヶ月になろうとするのに、未だに禁断症状が終わらない。 まったくもってタバコの麻薬性は恐ろしいものだ。心では喫煙生活から解放されて本当にスッキリしている。  なのに肺と口がタバコを要求して苦しくてたまらない。自分の身体だから自分で解る。今、思いっきりタバコを吸い込むと、さぞこの苦しみから解放されるだろうと。  でも吸わない。どれだけ苦しかろうが禁煙ストレスによる口内炎が...

  •  1
  •  0

その53 殺菌

No image

 コンビニ弁当については今後、掘り下げたいが素朴な疑問が一つ。 弁当やおにぎりや惣菜関係のパックには、食中毒防止のために、容器そのものに徹底したアルコール殺菌をしていると聞く。  なるほど大手コンビニチェーンとしては、一件でも食中毒の事案が発生したならば経営者側の死活問題になるので、我が身保全の為には消費者の健康なんかどうでも良いのだろう。 要は消費者の今後の健康よりも、目の前で食中毒が起こる事な...

  •  1
  •  0

その52 脆弱

No image

 食中毒ほど大袈裟ではないが私も昔、高校生の頃、大手弁当チェーン店の白身魚フライ弁当とフランチャイズのフライドチキンを食べて、全身じんましんになった事がある。 その後、社会人になった後も朝食と共に購入した紙パックの牛乳が、完全に腐っていて吐き出した事もある。  他にもカラオケボックスで生ビールを飲んだところ、ガラスの破片が入っていた事もあるし、外食したら料理に混入物かあった事もある。   さすがに...

  •  1
  •  0

その51 風説

No image

 カキの季節も終わりなので「カキフライ」を食べました。付け合わせには、編集長に貰った無化調(化学調味料無添加)のソースに、ヨード卵ヒカリのマヨネーズで食べました。 さて今回は化学調味料(味の素)に対する様々な「噂」について検証してみよう。  裏の取れた話では無いが、私自身、体験した事や情報を基にまとめてみました。もしも間違いがあれば編集部までご一報いただきたい。それでは、、、。噂その一〈味の素は、...

  •  3
  •  0