Anthony's CAFE 

archive: 2009年06月  2/2

足利事件:栃木県警本部長が謝罪コメント 刑事部長が代読

No image

 90年に4歳女児が殺害された足利事件で、菅家利和さん(62)が17年半ぶりに釈放されたことを受け、栃木県警の石川正一郎本部長は11日、「真犯人とは思われない方が、長期間にわたり刑に服されることとなったことについて、誠に遺憾であり、申し訳ない」とのコメントを発表した。菅家さんの服役に関して同県警の謝罪は初めて。記者会見は開かず、高田健治刑事部長がコメントを代読した。 菅家さんは県警の捜査手法を厳し...

  •  0
  •  0

骨寺村荘園遺跡を歩く Ⅰ (岩手県一関市厳美町本寺)

 横溝正史の推理小説にでも出てきそうな、なんとも不気味な名前ですが。。。(笑) なんとここは、 平泉の中尊寺所領の中世の 「荘園」 が、そっくりそのまんま残されているという奇跡的な所です。 鎌倉時代に書かれた絵図とほとんど景観が一緒である。信じられない!! 中世の骨寺村絵図にも載っている、寺社や塚、祠、岩屋等は国の史跡に指定され、骨寺村(本寺地区)一帯は、国の重要文化的景観に指定されている。東側の山にある...

  •  7
  •  0

リハビリ期間は再生ロード 俳優・いしだ壱成

No image

 謹慎騒動からの再生ロードを歩む俳優・いしだ壱成が、歌舞伎町の住人達の破天荒な関係を描いた小説『新宿ミッドナイトベイビー』舞台版(7月23~27日 東京・新宿シアターサンモール)で復帰第2弾を飾る。 無事に再起を図っているかのように映るが、女優・川合千春と同棲中だった今年1月に発覚した、幼なじみのAさんとの二股交際。そしてAさんの中絶や自殺未遂などが次々と明るみになり謹慎へと追い込まれた。復帰するまでは、...

  •  4
  •  0

死体遺棄:遺体は広島大職員、容疑で26歳の夫を逮捕

No image

 東広島市の竹林に女性の遺体が捨てられていた事件で、広島県警捜査1課と東広島署は5日、遺体は広島大大学院生物圏科学研究科の契約職員、藤田淳子さん(34)=東広島市西条町田口=と断定、夫の会社員、大輔容疑者(26)を死体遺棄容疑で逮捕した。容疑を認めているという。 逮捕容疑は、5月下旬から6月3日早朝までの間に、東広島市西条町田口の竹林に藤田さんの遺体を捨てたとしている。県警によると、藤田さんは東広...

  •  0
  •  0

大相撲:力士暴行死 前親方に退職金払わず

No image

 日本相撲協会は4日、大相撲時津風部屋の力士暴行死事件で5月29日に名古屋地裁から懲役6年の実刑判決を言い渡された前時津風親方の山本順一被告(59)=07年10月解雇処分=に対し、退職金を支払うことはできないと回答したと発表した。 山本被告側からは4月27日付で退職金支払い請求があった。金額は2000万円程度とみられるが、協会は事件によって「計り知れない大きな損害を被った」として、5月15日に支払...

  •  2
  •  0

<ひったくり>容疑で愛媛県警巡査部長を逮捕 女性から財布

No image

 岡山県警岡山中央署は4日、岡山市内の無職女性(75)から現金約1万円が入った財布をひったくったとして、愛媛県警松山南署刑事一課巡査部長、野村尚史容疑者(29)=松山市北土居3=を窃盗容疑で現行犯逮捕した。  逮捕容疑は、4日午後7時50分ごろ、岡山市中区森下町の路上を歩いていた75歳の女性の後ろから徒歩で近づき、女性が両手で胸に抱えていた財布(現金1万740円、クレジットカード在中)を追い越しざ...

  •  0
  •  0

ネズミ捕り(スピード違反検挙)の現場体験

ネズミ捕りの現場を見物してきました。 皆さん、凄まじいですよ。          やはり、生活がかかっているので警官と喧嘩してますね。 一番多いのが 「制限速度何キロか知ってますか?標識を見ましたか?」 という警官の問いに  「そんなもの見てない」 「そんなこと知らない」 が、一番多いです。 それでは性別に比べますと    女性では・・・ 「幼稚園に子供を迎えに行くんだから急いでいるんです!」 「スー...

  •  5
  •  0

「足利事件」捜査の元県警幹部ブログが炎上 「謝罪しろ」コメント殺到

No image

 「足利事件」で無罪が確定的となった菅家利和さんが釈放された6月4日、事件当時に捜査を陣頭指揮した元栃木県警幹部(75)のブログに批判コメントが殺到し、「炎上」状態になった。  元 幹部は昨年、菅家さんの再審請求が棄却された際、「最善の捜査を尽くしたもので、誤りでないことを再確認していただいた」などとブログで感想を述べ、これに対し批判コメントが集まっていた。現在、ブログは削除されている。  炎上したブロ...

  •  1
  •  0

新型インフルエンザでマスクの需要急増 

このマスクは何の対策になるのかな?新型インフルエンザでマスクの需要急増   しかし・・・予防効果はなし? 世間では新型インフルエンザ対策のマスク姿も最近になってようやく 見なくなりましたね。  通勤や通学時では殆どの人がマスクをして一時期は凄かったですね。         しかし、欧米では本当のインフルエンザの予防対策はマスクではできないと発表しています。    むしろ、...

  •  3
  •  0

第4回

No image

こんにちは、5の付く日に現れるらしい あや です♪ 自慢します! 私には世界一カッコイイ彼氏がいます。 顔はシーサーそっくりですが心は繊細で、病気の私をいつも気遣ってくれる優しい彼氏なんです。 人生の半分以上、私には心を許せる相手がいなくて、そんな相手必要ないとも思ってました。 でも少しずつブログで自分自身の心や記憶と向き合っていたら、周りに人がいてくれる事の大切さ、素晴らしさに気付きました。 そし...

  •  0
  •  0

<足利事件>菅家さん17年半ぶり釈放 検察など厳しく批判

No image

 栃木県足利市で90年、4歳女児が殺害された「足利事件」で、東京高検は4日、無期懲役が確定し服役中の菅家(すがや)利和受刑者(62)を91年12月の逮捕から17年半ぶりに釈放した。今後再審が開始され無罪が確定する公算が極めて大きく、菅家さんは同日、千葉市内で記者会見し、警察や検察を「絶対に許せない」と厳しく批判した。 菅家さんは4日午後3時48分、千葉刑務所(千葉市)から釈放され、ワンボックスカー...

  •  0
  •  0

啄木のふるさと渋民

 渋民へは、盛岡から 「IGRいわて銀河鉄道」 に乗り、約20分で着く。 啄木の歌や小説に多く登場する渋民は、奥州街道沿いにあり昔は宿場町であった。  啄木は 「渋民は、家並み百戸にもみたない、自然の風致の優れた外には、何一つ取り柄のない野人の巣で、みちのくの広野の中の一寒村である」 と、日記に書いている。 いわて銀河鉄道 渋民駅。ここから記念館まで、タクシーで5分、徒歩25分もかかる!やれやれ!(笑)「...

  •  2
  •  0

「蚊を殺すのと人を殺すのは同じ」…土浦9人連続殺傷

No image

 茨城県土浦市の9人連続殺傷事件で殺人と殺人未遂などの罪に問われた無職・金川真大被告(25)の公判が3日、水戸地裁(鈴嶋晋一裁判長)で開かれた。被告人質問で被告は、「蚊を殺すのと人を殺すのは同じ」「シマウマを食べるライオンは自分が悪いと思っているでしょうか」「殺人はただの現象。善悪は存在しない」と表現。さらには「死刑以外なら殺し続ける」とも宣言するなど、常軌を逸した発言の数々に法廷は凍り付いた。被...

  •  5
  •  0

名古屋はええよ!やっとかめ (動画)

No image

(時間帯や接続状況により視聴できない場合は、時間が経ってからどうぞ)つボイノリオ の 『名古屋はええよ!やっとかめ 』 は、名曲。 愛知・名古屋が日本から独立した際には、「国歌」 として採用されるだろう! 以下、歌詞全文を紹介東京は、まあ あかん 汚れとる とろくさい病気が流行っとるこれからのパフォーマーは、名・古・屋ーが主役ー♪さて世間じゃ名古屋を馬鹿にするけどよ 信長も秀吉も名古屋だでよ隠れてるとか...

  •  4
  •  0

小栗旬が映画監督、今夏にもクランクイン

No image

 俳優小栗旬(26)が映画監督に初挑戦することが2日、分かった。監督業に取り組む俳優は多いが、20代で全国公開規模の映画を手掛ける例はない。 来年にも公開の予定で、映画の正式名は不明だが、関係者の間で「SURELY SOMEDAY(シュアリー・サムデイ)」と呼ばれている。 小栗が俳優としては史上最年少で映画監督デビューする。  所属事務所は映画製作会社で、社長は映画「太陽を盗んだ男」「クローズZER...

  •  0
  •  0

厚労省キャリア官僚 「スイカ」めぐり駅員ける 

No image

厚労省キャリア官僚 「スイカ」めぐり駅員ける  厚生労働省の男性キャリア官僚がJR千葉駅(千葉市中央区)でICカード乗車券「Suica(スイカ)」の利用法を注意されたことに腹を立て、駅員をけっていたことが千葉県警などへの取材で分かった。駅員は被害届を出し、千葉中央署が暴行容疑で調べている。駅員にけがはなかったという。 捜査関係者などによると、このキャリア官僚は同省の課長級。5月20日午前8時10分...

  •  1
  •  0

反省の色なし!前時津風親方に懲役6年

 大相撲時津風部屋の序ノ口力士、時太山(ときたいざん、当時17、本名・斉藤俊=たかし=さん)の暴行死事件で、傷害致死罪に問われた前時津風親方の山本順一被告(59)の判決公判が29日、名古屋地裁で行われた。芦沢政治裁判長は「自ら率先して暴行に及ぶのは言語道断。刑事責任も非常に重い」として、懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。現役親方(事件同時)が実刑判決を受けたのは初めて。弁護側は即日控訴し、徹底...

  •  0
  •  0