FC2ブログ


















年末調整

うちは一応、法人なのですが、正規の給料をもらっている働き手は僕だけです。


 当然、会計も自分でやります。

 
 自分の給料の年末調整を自分で計算するのは非常にかったるいですね。
 

 なぜ、かったるいのかというと、給料以外の収入があるせいで、どうせ後で確定申告をしなければならないからです。

 まったくもって二度手間の気分。

 税・TAXは敵だ。

 
 でも税務署に戦いを挑んでもやられるだけです。 それこそ「還付 なきまで」に。

 
 今、唐突に、「悔いる! ゼイム・ショック」 という言葉が浮かびました。

 書いてはみたものの、何の発展性もないので見捨てます。
 

「税金の計算なんてもうタックスアンサー(たくさんさ)」 という言葉も浮かんだのですが、イマイチです。


「所得大してない」 と 「聖徳太子でない」 は少し似ていますが、だからどうだってんだという感じ。
 

 というわけで今、ダラダラと書類を作成しています。

 別に体力を使うわけではないので、ゼイゼイと息を切らすようなことはありません。

 明日中に仕上げる予定です。がんばろうゼイ。











投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 サラリーマンを辞めてフリーになってからは、年末調整とは無縁です。

 確定申告も取材の仕事があったときは、取材費やら交通費やらで添付資料が多くて大変でしたが、今は自宅兼事務所でこもりっきりなんで、経費がかかりません。

 なので、計算はすんなり。。。  そして、収入は極貧です。(泣)

 今は、できるだけ支出を抑えることしかできません。。。。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/11/23 19:58 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(13)

ネタづまり

このところ 「コンビニ油揚げ」 「皿割れる」 という、何の発展性もない言葉が、常に頭の中をうろついている。


 おかげでいいネタがちっとも浮かばない。
 
 
 わかっているのだ。「コンビニ油揚げ」 をどう料理したところで、つかみにもならないし、オチにもならないということぐらい。

 「コンビニ油揚げ」 ── 実につまらない。つまらないのにネタには詰まる。もうどうしようもないので、この際ここに書いてしまって既出ネタにしてしまおうと思う。

 せめて、これが 「ゾンビに油揚げ」 だったなら、面白いかどうかは別として何とかストーリーは組み立てられるのだが。
 
 例えばこんな感じで。


 サークル仲間とオートキャンプ。夕食はバーベキューだ。仲間たちは焼き上がった肉をパクパクとうまそうに食べているが、あいにく俺は肉が大の苦手だ。肉を焼く網の片隅で、地元特産の特大の油揚をこんがりと焼く。焼き上がった油揚げを自前の瀬戸焼の皿に置き、大根おろしと刻んだネギをたっぷりと乗っけて、さあ、食べようとしたその時!

「ウワアアア!」
 
 突如として悲鳴が起こった。── 何だ? 何があった? あっ、何だ、あのゾンビのような…… いや、ゾンビそのものじゃないか。
 ミイラのような姿のおぞましい化け物が不気味なステップでこっちにやってくる。意外に速い。そういや、この辺り、土葬の風習が残ってたな。
 げっ、俺の方に向かってくる。それも一直線だ。

「うわっ!」
 
 間一髪でゾンビの体当たりをかわす。だが、ゾンビの伸ばした手が僅かに油揚げの乗った皿をかすめていった。
 ガシャーン! 瀬戸焼の皿が弾き飛ばされ、地面に叩きつけられて粉々になる。そしてゾンビは、なぜか俺の油揚げを拾い上げ、いずこかへ去っていったのだった。
 
 これぞまさしく、「ゾンビに油揚げ。皿割れる」。
 
 あーあ、油揚げはともかく、皿は勿体なかったな。あの 瀬戸物、徳利とお猪口と皿の セットもの だったのに……。



 やはりゾンビに油揚げも、大したネタにはなりえなかったようだ。どこかに 「『ゾンビに危なげ』 なく対処」 という言葉も入れたかったが、無理だった。
  
 さて、書くことは書いたので、これで今日からは心機一転して、新しいネタを考えることができるはず。

 いかん。 「紺ビニール傘」 などという箸にも棒にもかからない言葉が浮かんでしまった。
 
 もう、「コンビニ」 から離れたい……










投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 僕の場合、創作といってもクロノイチさんの小説と違って短歌・俳句なので、「見たもの」 「感じたこと」 を書くので、「」何の発展性もない言葉が、常に頭の中をうろついている」 状態には陥ることは少ない。

 ただ、コピー・ライター時代の 「表現こねくり回し発想」 的なものが身についているせいか、わけのわからん五七調にしたり、どうしても急に 「語尾に○○イズム」 とか 「○○ゾーン」 とかつけたくなってきます。(笑)



「昼下がり ドふんばリズム♪ う~ん ううん したたる汗が きしむ便座に」 庵祖兄

 → 「ドふんばリズム♪ (短歌)」(Anthony's CAFE 2015/08/22)


 自分ながら、バカですね~~。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/10/06 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(5)

KOTOWAZA 諺(ことわざ) 考

「犬も歩けば棒に当たる」
 
 最近はリード無しでは散歩もさせてもらえず、棒に当たる自由もありません。


「糠に釘」
 
 ナスのぬか漬けの色落ち防止には、錆びた釘が役に立ちます。


「覆水盆に返らず」

 皆さんはお盆で水を運びますか? なぜ盆なのでしょう。 まあ、中国ではそうなのかもしれませんが。


「二兎を追う者は一兎をも得ず」

 現実問題として、全く同じ方向にウサギが移動しない限り、一人で二兎を同時に追うことは不可能です。一兎ずつ順番に追い掛けるしかありません。

 二股を掛けたら失敗するよという意味であれば、別の表現を用いるべきでしょう。


「割れ鍋に綴(と)じ蓋」

 綴じ蓋というのは修繕した蓋のことです。ただ、割れた鍋はどんな蓋を使ったところで、使い物にならないでしょう。

 ただの不燃ゴミです。


「あばたもエクボ」

 エクボも二つだけちょこっとあるから可愛らしいので、それが五個も十個もあるとなると……


「子は鎹(かすがい)」

 現代において子どもの存在は、夫婦にとって 「かすがい」 というほどではないものと思われます。せいぜい 「ホッチキスの針」 程度のものでしょう。

 確かに、子どもがいないと生活から 「ハリがなくなり」 ますしね。












投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

「犬も歩けば棒に当たった」
 

 僕が子供の頃に飼っていた犬は注意力散漫というか、何というか、どんくさい犬でした。

 リードをつけて散歩していたのですが、よく、棒というか電柱に当たっていました。

 しっかし、最後には韓国・済州島出身者が散歩に連れ出して、交通事故に会い死亡。

 そして・・・  「犬鍋」として食べられてしまいました。(泣)


 このことに関して、記事にするつもりでしたが、現在の日韓関係を考えて鑑みて延期させていただきます。。。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/09/18 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(2)

ノンアルコールビール

ノンアルコールビールはアルコールが一滴も入っておらず、従って清涼飲料水ということになる。


 当然、子どもが飲んでも法的には全く問題がないのだが、子どもが手を出さないように酒類の販売場所に置かれていることが多い。


 子どもが酒っぽいものに関心を持つことを最初の段階で防ぎたいのだろう。

 まあ、わからないことはない。

 だが、納得の行かないこともある。清涼飲料水の基準はアルコールが1パーセント未満だ。つまり、通常の飲料として売られているものの中に、僅かながらアルコールを含んだものがあってもいいということになる。

 その代表例が 「甘酒」 だ。甘酒の中にはノンアルコールのものもあるが、アルコールを僅かに含むものも存在している。そして、酒蔵が作る本格的な甘酒ではない、大手メーカーの安い甘酒は、たいてい酒類のコーナーではなく、普通の缶飲料の棚に置かれている。

 まがりなりにも 「酒」 という文字がついているのに。アルコールが含有していることが明記されているのに。「運転手や妊婦や子どもなどは注意しましょう」 といったことが書かれているだけで、「飲んだら乗るな」 とさえ書かれていない。甘酒を飲みつけた子どもが日本酒に興味を抱いて手を伸ばしたらどうするのか。

 
 いや、僕は甘酒が大好きです。

 ただ思うのは、みんな甘酒にはアマイなあってことだけで。 ビールにはドライなのに。











投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 美味しくなった、進化した。 と、メーカーは過剰に宣伝するが、ノンアルビールは不味い!

 せっかくのビールからアルコールを抜いたり、アルコールが出来にくくビールっぽい飲み物を作ったりと、試行錯誤してたいへんだなとは思うけれど、とにかく、僕にとっては、激マズなのだ。

 うま味が足りないのはわかるけれど、化学調味料を添加するのだけは、やめてほしい。

 いくら、車の運転をしなくちゃいけないとか、仕事が待っているとかでアルコールが飲めない状態でも、あんなものを飲むくらいなら、コーラでも飲んでたほうがマシだわ!

 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/09/09 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(2)

私立大学

うちの田舎は国公立大学志向が強く、私大は余程の名門大学でない限り、名前を聞いてもピンと来ないようです。

 
 とある会社にて。

「ほほう、この程度の仕事もまともにやりとげられんのか。所詮、私大出よのう。わしのように旧一期校(死語)を出た者とは、頭の出来が違うのかもしれんな」

「……」

「ほれ、未熟者。悔しかったら、この会社をやめて国公立に入り直すところから始めたらどうだ?」

「僕を未熟者だとおっしゃいましたね?」

「未熟者に未熟者と言ってなにが悪い」

「あなたは理解できていないかもしれませんが、僕が組んだプログラムによって、あなたかやれとおっしゃった仕事は既に無意味なものと化してしまっているんですよ」

「私大出の分際で、な、何を偉そうに。この未熟者めが! 貴様、どこを卒業した? どうせ聞いたこともない五流大学出だろうがなぁ」

「慶応大学ですが、何か?」

「え……………………。── まさか、ぎ、義塾者とは…………」

「そんな呼び方しませんて」











投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 法政大学の経済学部か経営学部を卒業した者は、、、

 「ほうけい者」(笑)





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/09/06 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(0)

野球アナウンス 

野球の選手のアナウンスを考えてみました。

 
何のことかというと 「2番セカンド山田君」 という感じのものを面白く仕上げたいなと思ったのです。

 
 ところが、1~9番まで全部考えることはできませんでした。

 
 幾つか書きますので、誰か残りを補充していただけるとうれしいです。

「1番、ファースト、風土(ふうど)君」

「2番、ショート、九田石(くたいし)君」

「3番、サード、賀島(がしま)君」

「4番、ライト、夜神(やがみ)君」

「5番、センター、九鬼(くき)君」

「6番、キャッチャー、水戸(みと)君」

 
 個人的には、「ショート、くたいし」が出ただけで大満足です。

 後は託しました。











投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

ファスト・フード、聖徳太子、佐渡ヶ島、夜神月(ライト)、洗濯機、キャッチャー・ミット、

 さぁ、残りは・・・・





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/09/04 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(0)

念仏 省略考  2 

「南無阿弥陀仏」 を 「なんまいだ」 とか 「なまんだぶ」 とか、勝手に省略して問題ないのかどうか、近所の若い坊さんに聞いてみた。


 うちの田舎では通称 「若様」 である。


 絶対に名前負けしている。

 
 インドの発音から 「南無阿弥陀仏」 と中国語の発音になったところで、既にオリジナルの発音にこだわる意味はないでしょう、とのことだ。

 信心さえあれば、読み方はどうであっても仏様に伝わるということらしい。

 いや、その肝心の信心というものがまるっきりわからないのだが。

 取り敢えず信心があるということにしておけば、称えやすい念仏に変更しても大丈夫ということか。

 まあ、その辺を突っ込んで聞くと、墓穴を掘りそうだったので棚に上げておく。

 
 南無阿弥陀仏を 「なんだ」 と称えてもいいかと訊ねると、既に本山かどこかで使われていると言われた。(ちょっとうろ覚え)

 「なんだなんだなんだ……」と何回も称えるらしい。

 ── なんだ、そう なんだ












投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 僕が子供の頃には 「なむなむ」 と省略していましたが、近所の子供は 「あん」 でした。

 「まんまんちゃん、あん」というフレーズは関西では有名。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/08/27 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(2)

念仏 省略考  1

おとといの法事のネタを考えていて、思ったのだが。

 
 「南無阿弥陀仏」 を 「なんまいだ」 とか 「なまんだぶ」 とか、勝手に省略して問題ないだろうか。

 
 よく知らないが、阿弥陀仏は 「我が名を称えた者を絶対に救うぞ」 と誓って仏になられたのだそうだ。

 で、称えるべき阿弥陀仏の名が、「なんまいだ」 において は「だ」 しか出てきていない。

 これは仏的にOKなのか? 失礼ではないのか? 仏は心が広いので許されるのか?

 はたまた、省略が許されるのなら 「なまだ」 でも 「なんだ」 でも大丈夫なのか?

 
 
 一回、お坊さんに訊ねてみて、お許しが出たら、これからは法事や葬式の場では 「なんだ」 と称えてみよう。

 ちなみに真宗大谷派。












投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 ウチの実家も真宗大谷派。(僕と亡母だけは、バテレン...笑.. の洗礼を受けていますが)

 で、菩提寺の高齢の住職は、いつも最初のほうは 「なーまーんーだーぶ~っ」 とゆっくり・長く読経していますが、終了寸前は 「なまだなまだ・・・」 になってしまいます。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/08/25 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(2)

こうもり撃退

数年前から我が家の軒先にコウモリがやって来て、大量のフンをまき散らしていくようになっていました。


 フンには病原菌がいるというので来る日も来る日もコンクリートの上を掃き掃除です。


 もちろん対策を何もしなかったわけではありません。

 コウモリが嫌うとされるミントの香りをスプレーで連日大量散布し、超音波の撃退装置を二台も設置し、明るいところが嫌いかもしれないと、エサとなる虫が集まるリスクを覚悟でLED照明をつけましたが、いずれも成果は上がらず。


 しかし、このたび安価な一つの機器を導入したことで、フンの害をゼロにすることに成功いたしました。

 それは ── 電撃殺虫器。

 照明の明かりに虫が引き寄せられて、高圧電流でバチッと虫を殺すやつです。

 今回購入したのは消費電力わずか6ワットの家庭用製品でした。3000円ほどの交流式のものです。何が効いたのかは不明。

 UVの光なのか虫がやられるときのパチっという火花か、装置が作動する時に何か超音波が出ているのか、エサの虫がいなくなってしまったせいか、よくわかりませんがとにかくこれを軒先に吊るしただけで、フンの害に悩まされることはなくなりました。


 コウモリのフンに悩まされている皆様にはぜひおすすめいたします。












投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 コウモリといえば、アメコミ(映画も)の 『バットマン』 と、僕が馬鹿(喫煙者)だったころにタマに吸っていた 「ゴールデンバット」 が頭に浮かぶ。

 
  『バットマン』 は、金持ちが道楽で悪を退治するというアメリカ的なところが面白かった。

  「ゴールデンバット」 は、100円ほどだったので金が無い時に吸っていて、当時はまだフィルターがついてなくて、毒(ニコチン、タール他)をダイレクトに体内に取り込められた...(笑)

 安いタバコの銘柄は他にもあったのだけれども、僕が敬愛する作家の芥川龍之介、太宰治、中原中也、内田百間や博物学・民俗学者の南方熊楠が愛煙していたという理由だけで、チョイスしていた(爆)

 
 で、夏の日の夕方にはウチのベランダにもコウモリが飛び込んできます。ウンコしに・・・
















にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2018/06/20 15:33 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(4)

しだれ桜 2018

しだれ桜_2018_1
撮影場所: 富山県 某所  Photo by Kuronoichi 






しだれ桜_2018_2


今年もしだれ桜のライトアップをしました。


 最近の寒い気候のためか、なかなか満開になってくれません。


 あと一割、つぼみが残っている状態です。

 
 それでも、まあまあ綺麗なので、ご近所さんの評判も上々です。







ここ数年の我が家のしだれ桜の様子は・・・


 → 「二重の虹 と しだれ桜」(Anthony's CAFE 2015/05/07)

 → 「しだれ桜 2016」(Anthony's CAFE 2016/04/12)

 → 「しだれ桜 2017」(Anthony's CAFE 2017/04/17)














投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 これだけ立派できれいなら、ご近所さんも大満足に違いないでしょう。

 ウチのとなりの工場の敷地も梅が咲いてきれいだし、月桂樹が年中、青々として目を休ませてくれているけれども、害虫が多いし、夏には蚊が大発生して近所の人は嫌がっている。

 我が家では、その梅の実を貰って梅酒を漬けて、月桂樹の葉は乾燥させて香辛料としてカレーやシチューに使わせてもらってるので、あまり文句は言えない...(笑)





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2018/04/12 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(0)

四つ葉さがし 2018

四つ葉さがし2018
撮影場所: 富山県 某所  Photo by Kuronoichi


今年初めての五つ葉です。


 四月上旬はまだまだクローバーの葉が小さく、四つ葉を見つけるのも難しい状況です。


 これは、田舎道を車で走っていて、たまたま停車した時に窓の外を見たら、何となく見えたので取ってきました。

 将来有望な場所を見つけたかもしれません。


 しばらく経ったら、もう一度行ってみようと思います。






これまでの四つ葉さがしの軌跡は・・・


 → 「四つ葉の見つけ方」(Anthony's CAFE 2015/05/17)

 → 「四つ葉など採ってきました」(Anthony's CAFE 2015/05/31)

 → 「四つ葉さがし 2016」(Anthony's CAFE 2016/04/05)

 → 「先ずは六つ葉」(Anthony's CAFE 2016/04/20)

 → 「わかりやすい五つ葉 と わかりにくい六つ葉」(Anthony's CAFE 2017/04/26)

 → 「苦労葉(クローバー)次なるステップへ  七つ葉 見つけた」(Anthony's CAFE 2017/05/01)













投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 クロノイチさん自己タイの 「八つ葉」 や 「未確認の九つ葉」 を、今年こそ確認したいものです!





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2018/04/11 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(0)

テープ起こし  - 近況徒然 - 

仕事の合間にボランティアで引き受けた講演会のテープ起こしをやっていたわけです。


 ほんの百分ほどの講演だったのですが、講師が若かったせいかやたらと早口で、文字にすると通常の二倍くらいの分量を喋っていました。
 
 
 しかも、話の途中、そこまで有名でない文化人を取り上げる、ちょうどそのタイミングで噛んでしまうということが、何度となくありまして、

 どう聞き返して検索してもその人の名前が出てこず、出てこないと人名を漢字で打てないと事態に相成りまして、

 無駄な時間を消費しまくった次第です。

 
 そんな徒労めいたことを繰り返すうちに、他の文章を打つ意欲が一切なくなってしまいました。

 ── で、今、やっと起こした文章を納品できたので、リハビリがてら何か書こうと思います。

 
 ただ、基本、頼まれた事はキャパシティオーバーにならない限り全部引き受ける方針なので、そうなった場合はどうなるかは未知数です。












投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 僕も 「テープ起こし」 をすることがあります。

 が、ボランティアではなく、キッチリとお金は頂きます。 お仕事です、から。

 講演会やら、株主総会の議事録やら、ライターさんの取材とか.... 録音した音声の内容をを文章に起こすわけです。

その昔は、カセット・テープを使っていたので 「テープ起こし」 という作業名ですが、業界的にはデジタル化している現在でも 「テープ起こし」 と言っています。

 カセット・デッキを再生、一時停止、巻き戻し、早送り、と何万回と繰り返しボタン操作するので15台くらいは、ぶっ壊しました。(笑)

 今は、ボイス・レコーダーごと来るか、メールに 「音声データ」 のカタチで添付されて来くるので、そんなことはありませんが。


 年配の学者さんの講演会で、入れ歯の調子が悪い時なんんかは、いったい何を言ってるのか意味不明で困ります。

 専門用語、特に横文字の化学用語、医学用語なんて、地球上の言語と認識できませんでした。。。。(爆)



 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2018/04/10 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(2)

そこそこ、降りました

今回の寒波では、僕の住んでいる所にもまあまあ雪が降り積もりました。


 これでも県内では少なかった方です。


 昨年の10月に新車を買いましたので、それと一緒に写真を撮りました。





そこそこ、降りました_1
撮影場所:富山県 某所  Photo by Kuronoichi


車はシトロエンのC3です。


 前の車は二世代前のC3プルリエルでした。


  → 「開かずのオープン・カー」(Anthony's CAFE 2015/05/13)

 
 プルリエルの方はオープンカーになって楽しい車だったのですが、その車体がハズレだったようで極端に故障が多く、11年の間にもう一台買えるほどのお金が掛かっていました。






そこそこ、降りました_2


そこそこ、降りました_3


そこで8月の車検を諦めて新車を検討することにしたところ、成り行きでまたシトロエンにしてしまったのです。


 もう充分に懲りていたはずだったのに。

 
 以下は、車購入までの経緯。



僕 「車故障してばかりだから、次の車検やめるわ」

ディーラー 「今度、新型が出ます。どうですか」

僕 「また故障したら嫌だな」

ディーラー 「今度の車はミッションが日本製だから壊れにくいと思いますよ。まだカタログが刷り上がっていないので、仮のカタログを置いていきます。よかったら仮予約をお願いします」

僕 「仮予約?」

ディーラー「最初にデビューエディションという特別なバージョンが出ます。これを予約しておかないと、通常バージョンが次いつ入ってくるかわからないので……」

僕 (仮予約か。正式注文でないなら、別の車が欲しくなったら取り消せるかな?)

僕 「まあ、取り敢えずいいですよ」

ディーラー 「オプションのグラスルーフはどうしますか?」

僕 「付けてください。というか、それがないのなら買いません。(僕は屋根が開くか、グラスルーフかサンルーフが付いているものでないと、嫌なのです。ちなみに最近の車にはサンルーフのオプションがないのが多くて、選択肢が非常に少なくなっています)」


 後日。 正式発表。 カタログが出る。 アクセラリーカタログももらう。


僕 (あれ、デビューエディションからオプションのグラスルーフの設定が消えてる。仮カタログにはあったのに。仮予約組にのみ付くのかな?」


その後、しばらく音沙汰なし。 代車がいい車だったので特に不便はなかった。

 あちこちのブログでデピューエディションが納車されたという記事を見る。


それから1カ月後。


ディーラー 「車が会社に届きました。正式注文をお願いします」

僕 (あれ? 仮予約とはいえ、やっぱりキャンセル不可なのかな。まあ、二ヶ月も代車を借りてて、今さら止めますともいえないか)



別に他に欲しい車もなかったし、車の評判も悪くなかったので、そのまま言われるがままに発注した。

 この時注文書を見て初めて、自分の車がデビューエディションではなく通常エディションであることを知る。


僕 (やっぱりデビューエディションからグラスルーフのオプション、落とされたんだ。通常バージョンになったから、入庫が遅れたのか。まあ、それはそれで仕方ないか)


 なお、デビューエディションは基本的に10万円安く、さらに17インチホイールや部分本革の内装などの特別仕様が付いている代わりに、自動ブレーキなどが省略されている。通常バージョンと比べてどちらがいいか、悩ましいところだ。

 結局、僕も仕様の確認を怠っていたし、クレームを付ける気にはならなかった。


ディーラー 「支払いはどうされますか?」

僕 「一括で。(僕は元々借金をしなければならないほどの高額の物は、車のみならず何であろうが、幾ら欲しくても買わないことにしています)」


数日後。


ディーラー 「ナンバーが付いたので、アクセサリーの注文をお願いします」

僕 「ええと、カーナビとETC2.0とHIDヘッドライトと……」

 本体価格がそれほど高くないため、オプションを付けまくった。 故障が恐いので5年保証も別料金で付けた。



さらに数日後。


ディーラー 「納車日が決まりました。明後日までに全額の支払いをお願いします」

僕 (いきなりかよ)


まあ、何とか貯金をかき集めて、指定口座に振り込む。


 そして納車。 前回の納車の時と同様、定番のモエ・シャンドンを頂いた。


 行き当たりばったりで購入した車だったが、今のところ故障もなく満足している。三気筒ながらパワーもあり、雪道の走行も安定している感じ。

 あと、シートベルトを引き出す感触が非常に軽いのと、ウインカーの音が木魚っぽい電子音なのが気に入っているところだ。

 最後に5年保証が無駄になることを心から念じている。


 以上。




とりあえず、降雪も一段落でよかったです。

 
 今年もよろしくお願いいたします。













投稿者:クロノイチ





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2018/01/15 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(0)

面白い石探し 5

石英系統でない面白い石を求めて、山に向かって車を走らせました。


 とはいえ自宅から僅か数キロの地点です。


 川が護岸工事されていないところの、川原や土手を何カ所か当たりました。
 
 で、今回は2個見つけました。結構面白いやつを。

 小さなメノウや碧玉はそこそこあったのですが、今回は無視して厳選しました。





面白い石探し 5_1
Photo by Kuronoichi  撮影場所:富山県 南砺市 某所


大きい石は25センチほどあります。


 重いです。

 
 裏返すと、





面白い石探し 5_2


ちょっと不気味な玉髄です。


 底の方は赤い碧玉のようですね。





面白い石探し 5_3


この角度からだと、動物の頭蓋骨のようにも見えます。





面白い石探し 5_4


でも本当のお気に入りはこれです。


 シマシマ。


 この手の石はそんなに珍しいわけでもないと思いますが、石英系統でないのを見つけられたので、ちょっとした達成感がありました。

 
 俄然やる気が出てきたので、ネタが思い付かない時なんかにこれからも探してみたいと思います。

 クマに気をつけながら。
 
 ついでにキノコも採ったりして……












投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 動物の頭蓋骨のようにも見える石、、、  僕は、牛に見えますだ Mwoo!!

 そのまんまで、魔女・悪魔崇拝の儀式に使えそうです(笑)





にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2017/09/12 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(0)

面白い石探し 4

面白い石探し 4_1
Photo by Kuronoichi  撮影場所:富山県 南砺市 某所


今回は、地元の川や山でいろいろと見つけてきました。


 これが8月中に見つけた分。全長8~12センチくらいの石です。


 我が地元は石英やメノウの産地なので、ちょっと山奥に入って土手や川原を丹念に探すと見つかります。

 勿論ゴロゴロしているわけではありませんが、一度出かければ、手ぶらで帰るようなことにはまずなりません。





面白い石探し 4_2


ちょっと洗ったら見違えました。

 
 まずは、ジャスパー(碧玉)。 石英が不純物を含んで不透明化したものです。 色々な色の石があります。


 緑・黄色・赤で信号機。





面白い石探し 4_3


大きな穴の空いたメノウ。





面白い石探し 4_5


玉髄(カルセドニー)。


 鶏皮を拡大したような感じの表面なので、そんなに好きではありません。





面白い石探し 4_6


一見、カキの殻のような感じの石。





面白い石探し 4_7


裏返すとどうもこれもメノウのようで。


 多分割ったら凄い結晶が出てきます。


 割ってみたい。 でも勿体ない。


 えー、面白い石探しと銘打ちながら、見つかるのは結局石英系統ばかり。

 傍目からはどうだかわかりませんが、地元民からするとそんなにレアなものではありません。

 本当のことをいうと僕は、犬の形をした石とか渦巻きグルグル模様の石とか、そんな楽しい石を見つけたかったのでした。

 なかなか思った通りにはいかないものですね。




 というわけで、今日の朝、もう一度探しにいってきました。地元の山に。

 その結果は──




 つづく











投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

傍目から見ると、すんごいレアですYo!

 さっすが、宝石・貴石の産地はちがいますね~~

 僕も、関西圏の山・川で鉱物探しをしていまいたが、地層が全然違うので、こんなのには一度も出会ったことがありません。






にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2017/09/10 23:00 ] Menu:30 クロノイチの日々 | TB(0) | CM(0)